スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【ブログランキングを見る】
スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

佐天「意地があるのよ!!女の子には!!」

佐天「意地があるのよ!!女の子には!!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/02/19(金) 20:38:36.09 ID:TiASkSLS0
私は能力を手に入れるために特訓をしていた
能力開発は受けているからいつか使える日が来る思い
日々意味のない特訓をしていたある日・・・・

佐天「いや・・・なに・・・これ・・・」

体の周りが七色に輝き、周囲の地面や壁、コンテナが円形に消えていく
同時に右腕に赤と金の装甲に覆われ、背中には3本の赤い羽根が生えている

佐天「ば・・・・けもの・・・じゃない・・・・」


佐天「いやあああぁッ!!」



2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /19(金) 20:39:23.67 ID:fPOoxjY00
なんやこりゃ

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /19(金) 20:39:34.39 ID:CIGNBpQ70
アルターか

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /19(金) 20:40:10.65 ID:QDk439FC0
日本語でおk

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /19(金) 20:40:20.92 ID:QKRX44nIO

スクライドww

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /19(金) 20:41:30.00 ID:cpAMCldB0
物質再構築(アルター)か


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/02/19(金) 21:03:52.21 ID:TiASkSLS0
初春「先日未明、コンテナ置き場で器物破損事件が発生しました」

黒子「器物破損事件?傷害や窃盗ではございませんの?」

初春「はい、怪我人は今のところいませんし空のコンテナが積んである場所での
    犯行で発見時刻の前に女性の叫び声を聞いた人も居るそうです」

固法「ただ気になるのが被害にあったものの損壊状況よ」

初春「円形または曲線を描いた形、そして正確には球形でコンテナや地面を切り取られています」

黒子「切り取られる?なんですの?」

初春「無くなってるんです。道具を使った形跡もなく球形に」

黒子「道具もなくコンテナや地面を・・・・それは奇妙ですわね」

固法「というわけで、犯人は能力者の可能性が高いからパトロールの際は気をつけてね」

黒子「わかりましたわ!わたくしが犯人を見つけて見事にひっ捕らえて見せますわ!!」

初春「私は『書庫』から該当する能力を探してみますね!!」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /19(金) 21:24:06.15 ID:TiASkSLS0
黒子「と、いうわけで御姉さまも十分に気を付けてくださいね」

美琴「変な事件ね~、取る訳でもなく円形に壊して帰るなんて~」

黒子「お姉様っ!!何かあっても、ずぇ~ったいに首を突っ込まずに通報してくださいね!?」

美琴「わかってるわよっ!私が好き好んで首を突っ込んでるみたいじゃな・・・あ!!アレ!佐天さんじゃない!?」

佐天「・・・・・・・・・」

美琴「佐天さ~ん」

佐天「ひゃあっ!!・・・って御坂さんに白井さん?」

黒子「こんにちわですの」

美琴「どうしたの?こんなトコでボーっとして?」

佐天「い・・・いや~暇だったから散歩してたんですよっ!」

美琴「へぇ、ねぇ!!黒子とクレープ食べに行く所だったんだけど一緒にどう!?」

佐天「い・・・それだと白井さんに悪いんでそれじゃっ!!」

黒子「まぁっ!失礼な方ですわ!!お姉様が折角誘って下さってるのに!!」




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /19(金) 21:26:19.47 ID:Qyl74xN4O
誰と戦うんだよ

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /19(金) 21:35:12.68 ID:9eaxTOlhO

佐天「さぁ行こうよ、初春!!」
私は花の髪飾りを空中へと放り投げる、髪飾りは虹色の粒子により分解されアルター化されていく。私にコレは似合わない、飾っておいてもやがては枯れるだろう…使い方なんて最初から決まっている…
この髪飾りは初春の生きた証なのだ、初春が確かに生きていた証…だからコレもまた初春飾、惜しいとは思わない、だって初春は私の胸の中にいるのだから

佐天「これは!この輝きは!!私と!初春の!輝きだぁぁぁ!!」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /19(金) 21:35:59.23 ID:TiASkSLS0
>>12
畜生バレバレだったか

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /19(金) 21:39:21.98 ID:9eaxTOlhO
>>13
わかるさ、同じ妄想したんだから


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /19(金) 21:53:20.16 ID:TiASkSLS0
佐天「夢じゃなかったんだ・・・・」

翌日、初春からコンテナ置き場の事件を聞いて目眩がした
あの晩の出来事は現実で切り抜かれたコンテナと奇妙な腕
あれを人が居る所で使ったら使ったら、どうなってしまうんだろう?
私は右腕を抱きながら廃ビル区域に逃げるように入って行った
こんなのは望んだ物ではないし、使わなければ問題ないと分かっている
でも、心の中で使ってみたいとも思っている自分もいる
それがとても怖かった

佐天「きゃっ・・・・」

男A「ぐあっ!!・・・なにくれんだ姉ちゃん!!」

佐天「あ・・・ご・・ごめんなさい・・・・」

男B「まぁまぁ~君可愛いねぇ~、ちょっと俺たちと一緒に遊ばない?」

佐天「ぃ・・・・や・・・」

男B「まさか、こんな派手にぶつかっておいて何もないってのは無いよね~」




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /19(金) 22:00:48.99 ID:9eaxTOlhO
初春が死ぬのは残念だが我らが佐天が活躍するなら支援

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/02/19(金) 22:02:13.72 ID:OMg37zvz0
一緒にいこうぜえ!! うーいーはーるうううううううう!!!



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /19(金) 22:13:53.86 ID:TiASkSLS0
そういって男の手が私に伸びてくる
何かされる・・・嫌だ・・嫌だ!!

佐天「いやぁぁぁぁッ!!」

あの時と同じ七色の輝きと円形に削られる周囲の壁や地面
そして・・・・赤い腕・・・・・

男B「な・・・なんだよ・・・その腕・・・・」

男A「どいてろ!!」

佐天「ああああぁあっ!!」

ぶつかった方の男が手から炎を出して、こっちに放とうとたが
それよりも早く私は赤い腕で男達の後ろにあるビルを打ち抜いていた

男共「ば・・・化け物だぁ!!」

男達がそう叫ぶび足っていく音だけが聞こえた

佐天「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・・・何よ・・・何なのよぉ!!」

私は自分で破ったビルの中で叫んだ

??「あ~っ!俺が出るのが来るのが遅かったとはっ!なんたる屈辱っ!!」

佐天「誰!!」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/02/19(金) 22:29:58.47 ID:ni1i/hvK0
まさか・・・兄貴か?

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /19(金) 22:33:51.15 ID:9eaxTOlhO
兄貴!


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /19(金) 22:36:15.20 ID:TiASkSLS0
そこに立っていたのはピンクのオールバックにスーツの派手なオジさんだった
この学園都市には似合わず胸ポケットにはサングラスが掛けられている

??「サラリーマンです!!横浜からの出張でねぇ!!」

佐天「はぁ?」

嘘だ・・・ピンクでオールバックのサラリーマンがいる筈がない

??「いやね!乙女の叫び声が聞こえたからすっ飛んできたんですよ!!
   叫び声!!現れるヒーロー!!熱い展開だぁ!!ヒーローの命は『速さ』です!!
   どんなに強いヒーローでもやられてしまってから現れては手遅れだぁ!!
   遅ければ敵の攻撃も全部当たってしまう!!
   しかし、私なら瞬時に助けに現れることができる!!・・・・」

佐天「えっ?やっ・・・・」

謎の男は矢継ぎ早に速さを語っている、そして・・・・

??「しか~しぃ、その腕のお陰で危機は回避できたようですねぇ~?」

佐天「はっ!!」

すっかり消すのを忘れていた・・・まずい!!この人はアンチスキルの人かもしれないのに!!
私は咄嗟にしゃがみ右腕の拳を地面に付いていた
逃げなきゃ・・・・何故かこの態勢で腕を使った方が速く動ける気がする

??「大丈夫・・・捕まえたりしないから安心しなさぁ~い!!俺の弟分も君と同じカタチの腕を持っているんですよ~」

佐天「えっ!?」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/02/19(金) 22:36:30.33 ID:Ij0iccnXO
物質精製はNo2並みの高レベルになってしまう訳だが

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/02/19(金) 22:39:22.98 ID:ni1i/hvK0
>>ピンクでオールバックのサラリーマン
わはははwwありえね~~w

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /19(金) 22:43:24.35 ID:9eaxTOlhO
物理的に考えたらカズマの拳が一方通行に効くわけないがカズマなら気合いでなんとかしそう

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /19(金) 22:44:41.28 ID:nUZXrKFB0
スクライドととあるのコラボならすごパとカズマの戦闘も見てみたいなw

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/02/19(金) 22:56:17.51 ID:eHeYctr40

スクライドとのクロスなら前にもあったな
カズマがジャッジメントになるやつ


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /19(金) 22:59:37.95 ID:TiASkSLS0
??「言ったでしょう?横浜から出張で来たサラリーマンだって?」

佐天「でも、横浜は・・・もう無い筈じゃ・・・・」

??「復興のために色々頑張っているんですよ。今回は学園都市で研究されている能力って奴の関係で研修ってやつですよ」

佐天「そうなんです・・・か?」

??「ええ!しかし、まぁ本土では色々研究されているそうですが貴方の別格ですね~」

佐天「ぉ・・・し・・下さい・・・」

??「はい?」

佐天「教えてください!!この能力は何なんですか!?」

??「・・・・能力はアルター、そしてその腕はシェルブリット・・・・昔、弟分に私が名付けました」

佐天「その弟分さんは何をしてますか!?」

??「さぁ?どこでなにをしてるやら」

佐天「・・・・私は・・・・どうしたら・・・いいの・・・こんな皆とは全然違う能力なんて・・・・・」

??「それは俺にはわかりません。しかし一つだけ忠告はしておきましょ」

佐天「え?忠告ですか?」

??「ええ、その能力学園都市では隠していなさい。ばれたら私の様に労働基準法を超えた仕事をさせられてしまいます」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/02/19(金) 23:15:14.11 ID:Ij0iccnXO
チョリピィィイイ


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /19(金) 23:28:21.39 ID:TiASkSLS0
佐天「オジサンみたいに?」

??「オジサンって・・・まぁ良いですお見せしましょう!!」

そう言うとオジサンは七色の輝きに身を包まれ
周囲の壁や床を円形に切り取り始める

佐天「私と同じ・・・・?」

輝きが引いた時には太腿から足の爪先までピンクの流れるような装甲で包まれていた

??「これが私のアルター・ラディカル・グッドスピード!!」

佐天「なんで!そんなの聞いたことありません!?それになんで大人が能力を!?」

こんな能力が学園都市に何人もいるなら、わたしだって流石に耳に入るはず!!

??「それはそうでしょう?これは学園都市にある能力ではありませんからねぇ」

佐天「え?」

ガクエントシニアルノウリョクデハナイ?超能力研究は学園都市でしか・・・・

佐天「ヤだな・・・・オジサン・・・何訳のわからない事を・・・」

??「外の世界には貴女の知らない世界もあるのです!!その能力は自分が信じる事に使いなさい!!いいですね!?」

佐天「え?あ?・・・・はい」

??「それでは御機嫌よう!!」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /19(金) 23:41:45.04 ID:/YMWZ7Ya0
(文章を書く)速さが足りないッ!

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /19(金) 23:43:33.68 ID:TiASkSLS0
>>31
もうしわけない・・・・もともと文才は無いんだ
おまけに眠くなってきた・・・・

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/02/19(金) 23:53:08.53 ID:quCHFCB1O
そのまま帰っちゃうのかよ

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /19(金) 23:56:37.47 ID:nUZXrKFB0
伏線だろ

>>32
流石に今の勢いじゃ保守が現れるかどうか…


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /19(金) 23:56:41.05 ID:TiASkSLS0

佐天「きゃっ!!」

オジサンが別れを告げた瞬間、とてつもない突風が吹きすさび人影は無くなっていた

(アルター・・・・・シェルブリット・・・・・学園都市以外での能力・・・・)

私は頭の中で忘れない様に何度も思い出しながら帰り事にした

佐天「自分が信じる事に使いなさい・・・・か」

佐天「こんな壊すだけの力なんて使い様無いわよ・・・」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/02/20(土) 00:04:40.76 ID:a0vyKP6n0
一方さんも昔はそう思ってたよ
でも結構いろいろできてるから佐天さんも幼女助けてみたらいいとおもうってミサ…いやいや通りすがりの通行人Aがアドバイスしてみたり!

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /20(土) 00:10:53.46 ID:puI73zsQ0

http://areya.tv/up/201002/19/01/100219-2007340518.jpg http://areya.tv/up/201002/19/01/100219-2007400000.jpg

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /20(土) 00:57:12.75 ID:Qa+K43oG0
>>38
エスパー伊東紹介されたのかw


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /20(土) 00:11:14.53 ID:xK5NQd330
ジグ「この度のクーガーの能力強化の件、誠に感謝する」

アレ「いや、こちらとしても物質精製のサンプルが欲しかった所だ礼には及ばんよ」

ジグ「そうか、参考になったかね?」

アレ「ああ能力として強化はできたが備え付けるのは難しい
   向こう側へのアクセス権がある人間であればある程度の調整は可能だ」

ジグ「そうか、それだけでもこちらとしては十分だ。また何かあったら頼む」

アレ「余興にでもなるのならば構わんよ」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /20(土) 00:14:51.80 ID:mNbsKvJfO
これってクーガーが本土にいた時か?
アニメしか知らないけど
向こう側の世界通して異世界から来たのかと思った

41 : ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /20(土) 00:18:03.98 ID:xK5NQd330
>>40
そんな妄想だった
所詮俺は無能力者だった

見てくれた人
ありがとう
おやすみなさい

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /20(土) 00:39:19.40 ID:mNbsKvJfO
上条(笑)の変わりがカズマならステイルぶん殴って
インデックスの記憶消させないために速攻病院いって扉ぶち破って医者拉致って来て 解決
そのまま記憶消させてたやつらぶん殴りに行く



44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /20(土) 00:56:57.92 ID:RRdcAWtkO
黒子「ジャッジメントですの!!佐天さん!!これ以上は止めて下さいませ!」

佐天「うるさい!!あんたたちのせで初春は!初春は!!シェルブリッド・バーストォォォッ!!」

美琴「黒子危ない!」

禁書「あれは異能では無いんだよ!向こう側から読み込んでいるだけだから、当麻の幻想殺しでも消せないんだよ!」

上条「うるせぇ!!だからって黙ってみてろって言うのかよ!?」

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /20(土) 01:22:53.99 ID:mNbsKvJfO
最終形態のカズマならドラゴンブレスノーダメかもな
無常のビーム連射無傷だし

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /20(土) 01:36:21.10 ID:9gORAcs70
カズマが最終形態の時に上条さんに幻想殺しされたらどうなんのかなぁ
ほぼ全身アルター化してるし顔残して消滅しちゃうのか再構築だから幻想殺せないのか

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /20(土) 01:42:04.18 ID:mNbsKvJfO
まず素の格闘でぼこられるのでアルター必要ないけどな

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/02/20(土) 01:42:36.35 ID:8NvgIOOM0
あー、どうなだろう、あれは鎧じゃなくて、肉体ごと再構成してるからなぁ
脳は生身だろうから、速攻で再々構成するか、全力で再構成を続ければどうにかなるかも?
幻想殺しの無効化には結構タイムラグがあるから、カズマなら反応できるかも



90 : ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /20(土) 17:40:54.35 ID:xK5NQd330

佐天「・・・・・・」

数日後、私は個人的に受けた身体検査の結果用紙を自室で眺めていた。
結果は〝level0〟無能力者・・・・アルターの事は黙って、いつもの様に検査を受けた体は
以前と比べて変わっていない事を示していた。

佐天「まぁ、気にしてもしょうがないかっ」

あれから数日は何もなく普段通りに過ごせている問題ない。
そう、自分に言い聞かせながら初春との待ち合わせ場所に向かう事にした。

初春「あ!!佐天さ~ん!!」

佐天「ごめ~ん!待った~?」

初春「いえ、そんなに待ってないですよ~じゃあ行きましょうか?」

佐天「うん」

初春「ここが新しくオープンしたトコです」

佐天「へぇ~良い感じじゃない」

私たちは新規オープンしたケーキショップに入り
二人分のセットを注文した後、他愛も無い話に花を咲かせていた。
そして、私は紅茶を一口飲み

佐天「ねぇ、初春?」

初春「はい?何ですか?」

91 : ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /20(土) 17:42:00.51 ID:xK5NQd330
ケーキを追加注文しようとメニューを見ていた初春の視線が
私の方へ向く

佐天「もし、皆とは全く違う強力な能力が手に入ったらどうする?」

初春「やですよ佐天さん『幻想御手』事件はもう終わったんですよっ!?」

佐天「いやっ、そうなんだけど例えばの話よ?」

初春「それにここは学園都市ですよ?珍しい能力を持った人なんて沢山いますよ~」

佐天「そっ・・・・そうだよね~」

初春「どうしたんですか?いきなりそんな事聞いて?」

佐天「ほら、私レベル0でしょ?いきなり能力が手に入ったら、どうするのかなぁ?ってね」

初春「あまり変わりませんよ~普段から能力を使うわけじゃありませんから~」

佐天「そうだよね~ごめんね~変な事聞いちゃって!!」

95 : ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /20(土) 19:03:39.19 ID:xK5NQd330
私はあの後、初春と別れて一人公園を歩いていた
能力を持っている人は沢山いる・・・・
初春は学園都市の学生だから『能力』といえば
皆、もともとは無かった能力があるせいで
全部珍しいし外の世界では無いのが当たり前だった・・・・

佐天「まいったわ~これじゃ言葉で伝えようがないじゃない・・・・」

都合の悪い部分を伏せて聞き出そうというのが虫が良すぎたのかもしれないと
自動販売機の前へ行くと

美琴「あっ、佐天さん!元気?」

佐天「御坂さん!この間はすいませんっ!いきなり帰っちゃってっ!!」

美琴「いいのいいの、気にしてないから~それよりも貴女も何か飲む!?奢るわよ?」

佐天「えっ?ありがとうございます」

美琴「どういたしまして~」

缶を開けると、きなこと練乳の匂いが同時に漂ってきた
初回は勇気がいるが慣れてしまえば問題の無いジュースを飲み
美坂さんの学校の事などで会話していると

??「お姉様?」

佐天「ええぇ!?」

96 : ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /20(土) 19:04:22.12 ID:xK5NQd330

後ろから声が聞こえ振り向くと美坂さんと瓜二つの人が立っていた
しいて違いを挙げれば落ち着いた表情と頭に付けた厳ついゴーグル
双子だったんですか?と聞く事も出来ずに美坂さんは妹さんを連れ
私に別れの挨拶をして去って行ってしまった。

佐天「複雑なかていなのかな?」

私は二人の関係が理解できないまま、コンテナ置き場へと足を運んだ
風紀委員に目を付けられた為頻繁には来れないが、たまに来ては能力の使い方に馴染んでおこうと練習している

髪をゴムで止め、帽子を被る・・・・人に見られたら逃げるつもりだが念のための変装・・・・

(さて・・・・)

能力を発現させようと右腕を前に出した、その時!!
少し離れた所で何かが爆ぜる音が聞こえた!!

佐天「何!?」

私は音が聞こえた方に向かうと、さっき会った美坂さんの妹らしき人と
白い髪の男の子が対峙していたのも束の間
美坂に、そっくりな彼女は倒れ今にも止めを刺されようとしている

佐天「やめてぇ!!」

97 : ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /20(土) 19:05:15.71 ID:xK5NQd330
一方「ハァ?」

私は彼女を抱いて彼から離れていた
どうして、そんな事をしたのか・・・
どうして、そんな出来たのか・・・
今はそんな事どうだっていい!!

佐天「これ以上・・・彼女を傷付けないで!!」

一方「女ァてめェ、相手が誰だか分かって言ってんのかァ?」

佐天「知らない!!」

一方「じゃぁ、教えてやる!!俺はなァ学園都市最強の能力者!!一方通行だぞ!?」

佐天「関係無い!!これ以上、彼女を傷付けるのなら私が貴方を倒す!!」

一方「へェ、言うじゃねぇか女ァ」

私は腕の前へ伸ばし能力を発現させる
最初は恐れ隠そうとした力、だけど!!そんなこと言ってられない!!
一瞬にして私の右腕は赤と金の装甲に包まれていた。

一方「なッ!?」

おいおい、あんなの聞いたことねぇゾ!!?見たとこ周囲の物質を使って構築した見てェだが
それだけじゃねェ腕自体を取込んだモンを一緒に再構築しちまってる・・・・
だが方向を操る俺の敵じゃ無ぇ!!

佐天「はあぁぁッ!!」


99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/02/20(土) 19:42:16.41 ID:8NvgIOOM0
これは、上条さん涙目www いや入院費用浮いて、皆助かるしラッキー?
つーかシェルブリットで勝てるのか?最低でも光を反射するから
それ以上で攻撃しないと話にならないし

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /20(土) 19:46:43.27 ID:mNbsKvJfO
赤と金の装甲ていきなりシェルブリットか

104 : ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /20(土) 19:58:01.77 ID:xK5NQd330

>>101
間違えた・・・兄貴から貰った名前はファーストブリットからだった・・・

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /20(土) 20:53:29.13 ID:tRpSnUp5O
>>104
ファーストブリット使うほうもアルターの名称はシェルブリットなんだがな

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /20(土) 21:00:18.70 ID:9wHyzwfS0
強化型がシェルブリット・バーストじゃなかったっけ?



102 : ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /20(土) 19:49:23.93 ID:xK5NQd330
私は右腕で地面を殴り相手の方へ飛び、そのまま力の限り殴りつけた
頭の中では既に男を殴り飛ばし彼女を担ぎ逃げるまでの算段が出来ていたが

一方「はァ!?そンなんでお終いかァ?」

佐天「えッ!?」

私の体か吹き飛ばされている何故?体には触れたはずッ!?空中で態勢を立て直し着地する

彼に向けたはずの拳が少し痛む
バリアか何かの類か?見えない力・・念動力の様だが、それだと私の拳に反応できる筈がない

一方「オラァ!!テメェから来ねェなら!!こっチから行くゾ!」

彼がそう言って地を這っていたレール蹴った瞬間、メキメキを音を立て無数のレールが
飛んでくる、私は体を廻したり殴ったりしてレールを避けて行ったが

佐天「がッ!!・・・・くぅ・・」

全てを避け切れず一本のレールがお腹の部分を強く打ってしまった
痛い・・・凄く痛い・・・想像を絶する痛みが打った所を中心に全身へと駆け巡る

左腕でお腹を押さえながら立ち上がる、痛みから恐怖が込み上げて来る

一方「オイオイオイ!?もうダメにィなっちまったのかァ!?もっと楽しませろよ!?なァッ!?」

佐天「ハァ・・・ええ・・・ハァ・・・ハァ・・・これからよッ」

103 :以下、名無しにかわりましてVIP がお送りします :2010/02/20(土) 19:57:40.35 ID:lXNE2tKZ0
まさかの佐天VS一方

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /20(土) 20:03:38.38 ID:0WIhTdXq0


   / ̄\
  |  ^o^ | < しょうゆ おいしいです
   \_[]⊂/)
   _| |/ |
  |    / 
         / ̄\
        |     | < それは しょうゆ です
         \_/
         _| |_
        |     |



   / ̄\
  |  ^o^ | < あってるでしょう?
   \_[]⊂/)
   _| |/ |
  |    /
         / ̄\
        |     |
         \_/
         _| |_
        |     |


107 :以下、名無しにかわりましてVIP がお送りします :2010/02/20(土) 20:10:17.19 ID:Hg/I2WpQ0
セロリさんはバトルだと無駄に熱いなw

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /20(土) 20:50:18.67 ID:0WIhTdXq0
                スッ
            i⌒i 
      ./ ̄\ | 〈|
      | ^o^ | / .ノ|| しゅんさつの ファイナルブリット
      ,\_// ii||||
    / ̄   / iii||||||
   / /\   / ̄\ii||||      .'  , ..
 _| ̄ ̄ \ /  ヽ \从// ・;`.∴ '     
 \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \__) < ,:;・,‘  
  ||\        / ̄\.' , ..
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ | ^o^ | >>1おそいです
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄, \_/
    .||      / ̄   ̄\         
         / /\   / ̄\
       _| ̄ ̄ \ /  ヽ \_ 
       \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \__)
        ||\          \
        ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
        ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
           .||              ||




112 :以下、名無しにかわりましてVIP がお送りします :2010/02/20(土) 21:09:39.52 ID:yqpOkIjS0
カズマだ!シェルブリットのカズマだ!
ってせりふあったっけ
やけに耳にこびりついてるんだが

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /20(土) 21:18:18.11 ID:h+SbekCkO
縦横無尽、変幻自在!

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /20(土) 21:26:33.00 ID:9gORAcs70

黒子「初春逃げて!!」
初春「いいえ、逃げません。ここはそんな事が出来る場面じゃない!
    諦める方向には進みたくない…そう、ここは抗う場面です!!」

ここまで妄想したけどここの初春は君島ポジションだった

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /20(土) 21:37:29.43 ID:GYRrbgpu0
丁度今日スクライド立ち読みしてきたとこだわ
ただ良く使われてる速さが足りない!ってセリフなかったからアニメ版の方が主流なのかね

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /20(土) 21:39:10.88 ID:bSle/LNP0

>>115


118 :以下、名無しにかわりましてVIP がお送りします :2010/02/20(土) 22:04:58.38 ID:yqpOkIjS0
>>115
あの漫画家好き嫌いわかれるんだよなぁ

スクライドといいGRといいアストレイといい
いい味だしてるとおもうんだが

122 :以下、名無しにかわりましてVIP がお送りします :2010/02/20(土) 22:16:18.15 ID:8NvgIOOM0
>>115
アニメが原作だよ

119 :>>1です :2010/02/20(土) 22:13:02.71 ID:v/1gKNJ40
アク禁になってしまいました
解除されたら、また頑張りたいと思います

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /20(土) 22:13:54.39 ID:bSle/LNP0
さるった?

121 :以下、名無しにかわりましてVIP がお送りします :2010/02/20(土) 22:15:16.05 ID:v/1gKNJ40
>>120
8時30分ころから大規模な規制が発動したから巻き込まれたんじゃない

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /20(土) 22:19:05.32 ID:bSle/LNP0
他のスレにリンク貼ってあったの見てきた
いくつか大規模なやつが発生したみたいだな

155 : ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /21(日) 06:54:37.34 ID:Hssuj9F1O
携帯からは書き込めるんだった
今日は仕事なので夜残ってたら携帯で頑張りたいと思う

156 :以下、名無しにかわりましてVIP がお送りします :2010/02/21(日) 06:57:31.26 ID:hYPXMpsSO
頑張って

164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /21(日) 11:23:46.66 ID:WUN7NkKHO
頑張りたかったんだよね

167 : ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /21(日) 11:57:53.53 ID:Hssuj9F1O
頑張りたかった
でも、駄目だったそれだけ
一方さんとのトコを終わる部分まで書いて、まさかの規制ってのがショックだった

170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /21(日) 13:34:20.47 ID:ygbtdRtz0
>167
規制はよくあることだ。

気を落ち着かせて、再スタートだ。


183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /21(日) 17:23:32.09 ID:DwhtnF6T0
アルターは幻想なんだろうか保守

184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /21(日) 17:56:01.08 ID:DwhtnF6T0
      \                     /
       \                  /
         \               /
          \            /
            \         /
             \∧∧∧∧/
             <    俺 >
             < 予 し  >
             <    か >
─────────< 感 い >──────────
             <   な >
             <  !!! い >
             /∨∨∨∨\
            /  ∧_∧ !? \
          /   ( ´_ゝ`)    \
         /    /   \     \
       /     /    / ̄ ̄ ̄ ̄/  \
      /    __(__ニつ/  FMV  /_   \
               \/____/



185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /21(日) 18:07:50.54 ID:fwa7Js28O
俺を忘れてもらっちゃ困るぜ


187 : ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /21(日) 18:44:54.31 ID:Hssuj9F1O
右腕を真っ直ぐ前に向け構え直す

もっと・・・・もっと私に力があれば・・・・

そう心の中で呟いた時、背中から違和感を感じた
腕の装甲が開き、背中にある一枚の羽根が緑色の光になって私の背中を押してくれる

佐天「これが・・・・私の・・・力?」

一方「なんダぁ?おもしれェモンあるンじゃねぇかよ!?」

一筋の光を描き私は一方通行に向かって
高速の突進をしていく私らしい単純な力

佐天「ファーストォォ・・・・ブリットォォォッ!!!」

一方「あめェんだよ!!」

まただ!また弾き飛ばされた!しかも真っ直ぐ同じ方向に!!
猛スピードで飛んで行って、反対方向に飛ばされた私の体には凄まじいGが圧し掛かる

佐天「ぐぅッッ!!」

反動で胃から上がって来る物を押さえフラフラと立ち上がり相手を見据える
一方通行は冷めた目をして私に言い放った

一方「・・・なァ?お前の事は見逃しテェやるからよォ、さっさとソイツ置いて帰れ」

佐天「ハァ・・・ハァ・・はぁ?」

188 : ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /21(日) 18:48:06.44 ID:Hssuj9F1O
一方「今ンで分かったろ?てめェじゃ俺には敵わないって事がよォ?俺も『実験』以外はメンドクセェんだよ」

私じゃ相手にならないと言われ助けようとした子を見捨てて帰れと言われた
見捨てれば楽になれる・・・これ以上痛い思いをしないで済む

佐天「嫌だ・・・・」

一方「ハァ?てめぇ分かッてんダろ?」

佐天「生憎・・ハァ・・・見捨てて帰りましたじゃ・・ハァ・・友達に合わせる顔が無くてね・・ハァ・・・」

一方「ハッ!!でも、ソりゃ残念だったナぁッ!!てメぇじゃ俺には勝てねェッンだよッ!!

佐天「意地があるのよ!!女の子にはぁッ!!」

一方「テめェ!!馬鹿か!?」

佐天「あ゛ぁぁぁぁッ!」

一方通行に殴りかかった瞬間
一枚の羽を光にして拳を押しつける

佐天「セカンドォッ!!ブリットォッ!!」

一方「効かネぇよ!!」

しかし今回は吹き飛ばされずに拮抗状態になる

一方「あ゛ぁッ?」


189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /21(日) 18:50:57.98 ID:gkvScqbdO
セカンドブリットが勝つのは一回だけだなww


セカンドブリットは基本負けフラグ


190 : ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /21(日) 18:51:06.81 ID:Hssuj9F1O

佐天「まだまだぁ!!ラストブリットォォォッ!!」

一方「だからッ・・・なッ!!」

一方通行は体を吹き飛ばされコンテナに体を打ち付けた

一方「グッ・・・!?」

佐天「はは・・・・やっ・・たね・・・」

やっと相手を吹き飛ばす事が出来た、後は彼女を担いで逃げ去りたいのだけど
体が言う事を聞かずに沈んでいき意識を失った

一方「テメェェェェッ!!」

一方通行は無傷だったが、自分の能力が完璧に作用しなかった事に激しい怒りを覚えた
怒りに満ちた鋭い目で佐天の方に向き直ると姿が消えている



191 :以下、名無しにかわりましてVIP がお送りします:2010/02/21(日) 18:54:33.13 ID:zyGznxd90

ナガイアイダマチツヅケタカイガアッタノデアッタ


192 : ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /21(日) 18:54:48.12 ID:Hssuj9F1O
??「素晴らしい能力だな少年!!」

一方「誰だァ!テメェ!」

??「通りすがりのサラリーマンだ!!」

ピンク色のオールバックのリーマンなんざァ聞いたことがねェ

??「君達の『実験』の邪魔する気は無いが、この娘は俺が預からせてもらうッ!!」

一方「ンだとッ!!俺はナぁ!!ソいつをブっ飛ばさねェと気が済まねェンだよッ!!」

??「案ずるなぁ!!君の相手はもう少しで到着する!!じゃーなッ!!」

そう言うと派手な頭の自称サラリーマンは
少女を担ぎ、そのまま飛び跳ねて去って行った

一方「チッ!!しょうがねぇ・・・・実験の方だけ終わらせちまうかァ・・・」

御坂に似た少女が目を覚ました所に一方通行が止めを刺しに歩み寄る

一方「ざんねンだったなァ?もすこし眠ってりゃぁ・・楽にイけたのにヨぉ?」

上条「離れろ・・・・」

一方「・・・・今日は次から次へとメンドクセぇなぁッ!!

上条「聞こえねえのか、御坂妹から離れろって言ってんだよ」


196 : ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /21(日) 19:13:34.42 ID:Hssuj9F1O

どうしよう・・・・この後を打ち止めとシェリー、どっちの話に絡ませたら良いから分から無くなってきた

197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /21(日) 19:23:13.60 ID:38+wN0ohO

どうせならアルター対超能力を見てみたい

198 : ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /21(日) 19:32:39.02 ID:Hssuj9F1O
シェルブリットの佐天VSレールガン・御坂美琴?
それともホーリーVS学園都市?

199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /21(日) 19:41:39.77 ID:eIzwySeuO
劉邦出そうぜ

207 : ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /21(日) 20:38:33.43 ID:Hssuj9F1O
劉鳳ね

202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /21(日) 20:05:01.94 ID:fwa7Js28O
もう書き始めてるなら良いが上条×佐天がすきな俺としては
このまま上条さんとニアミスを続けて欲しい


204 : ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /21(日) 20:35:10.35 ID:Hssuj9F1O
佐天「あ・・・・れ・・?」

深夜、私は病院の一室で目を覚ました

??「おはようございます、お嬢さん」

佐天「え?」

いつかのピンク色のオジサンだった

??「なかなか頑張りましたねぇ、まさか学園都市一位の能力者を吹き飛ばすなんて・・・」

佐天「そうだ!!あの子はっ!?」

??「しぃ、お静かにここは病院ですよ?」

佐天「あ・・・」

??「大丈夫ですよ。あの娘なら後から来た無能力者が助けていましたから」

佐天「無能力者が?どうやって?」

??「そげぶッって感じでしたよ?」


205 : ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /21(日) 20:37:41.25 ID:Hssuj9F1O
佐天「意味が分からないです・・・ソレ・・・・」

??「それでいいんですよ・・・それよりも貴女は自分の事を気を付けてください」

佐天「はい?」

??「今回の件で貴女の能力が外に漏れ始めています。貴女を回収しようとする組織も現れるでしょう」

佐天「え!?」

??「まぁ、まだ広く知れ渡った訳じゃありませんから大丈夫ですよ。見知らぬ人間には付いて行かぬようにしてください。それでは・・・」

オジサンは挨拶を済ますと部屋を出て行った
翌朝、カエルの顔をした医師の診断により数日の検査入院で済むとの事だった
驚いたのは入院費用が全額、身に覚えのない会社より支払われたいという事だ
オジサンが出してくれたんだとは思うが何故そこまでするのかも気掛かりだ
親に迷惑を掛けずに済んだ事を感謝しつつ病院を出て寮に帰る事にした。

帰ってゆっくり休もう、そして暫くはコンテナ置き場にも近寄らないで置こう・・・・


206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /21(日) 20:38:13.73 ID:GcPONrro0
そげぶッwww

209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /21(日) 21:15:42.87 ID:BnyVH/Dt0

>??「そげぶッって感じでしたよ?」


他にもっと言いようが…………無いかwww



210 : ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /21(日) 21:32:32.72 ID:Hssuj9F1O
佐天「んっおっいし♪」

初春「佐天さん、食べ過ぎですよ」

佐天「いいじゃんっ!この間まで入院食だったんだから」

初春「そうですけど」

御坂「それにしても災難だったわね階段から落ちて検査入院なんて」

佐天「そッ・・・そうなんですよ、しかも見ていた人に病院に連れて行かれる始末でッ」

黒子「まぁ、なんにしても無事でよかったですわ」

佐天「アハハハハ・・・」

私達はオープンテラスのカフェでケーキを食べ
いつものように雑談していた、最初は初春が連絡が取れなかったとか
入院していたなどで騒いで大変だったが、なんとかケーキを食べに来る事で和む事ができ
そんな日常風景に舌鼓を打っていると

劉鳳「すまない君達、このあたりで変わった能力を持っているやつはしらないか?」

佐天「へ?」

私は笑顔のままだったが、頭の中でコンクリートの壁が崩れる音がした
心臓が張り裂けそうになりながら、声の主を見ると変わった服を着て緑色の髪
腕章にはHOLYと書いてあった

211 : ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /21(日) 21:35:04.06 ID:Hssuj9F1O
黒子「変わった能力でございますか?皆さん様々な能力持ってますので具体的に教えて頂かないと分かりませんわ!!」

劉鳳「そッ・・そうか・・・それは、すまなかった」

黒子「第一!!いきなり現れた人に、そうホイホイと個人情報を教える訳がありません事よ!!常識が欠如してるんじゃありませんのッ!?」

劉鳳「うぐ・・・・そ・・そうだな君の言う通りだ・・失礼する」

御坂「黒子年上に何もあそこまで言わなくてもいいんじゃない?」

黒子「いいえッお姉様!!風紀委員として外部の人間に個人の能力の事を、おいそれと話す訳にはいきませんわ!!」

初春「でも変わった人でしたね」

佐天「ホ・・・ほんとね」

きっと私を調べにきたんだ、前に聞いた学園都市以外の能力
学園以外の能力に対する研究組織がある・・・・

とりあえず今回は白井さんに追い返されて行ったから助かったものの
一人で、こんな状況になった時は誤魔化せるようにしておかないと


212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /21(日) 21:38:35.74 ID:455YZEXC0
自然とグリリバで再生されたw


213 : ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /21(日) 21:53:49.10 ID:Hssuj9F1O
劉鳳「・・・・・」

劉鳳は一人静かに夜の公園のベンチに座って物思いにふけていた
自身がアルター能力者だと世間から偏見の目で見られぬ為
極めて一般的で礼儀のある人間でいようと努めていたが
中学生に『常識が欠如している』と言われたのが相当ショックだった

劉鳳「落ち込んでいてもしょうがない・・・任務を続行するか・・・」

奢りだったのか子供ではないと粋がってシェリスの付き添いを断り
一人で慣れない土地に任務で遂行しようとしたが一緒に来てもらえばよかったと後悔する

そこへ白髪の少年がビニール袋を提げて公園内へと入ってきた
あの少年に聞こう・・・常識がないと言われても仕方がない・・・

劉鳳「君・・・ちょっといいか?」

一方「あん?ナんだァてめぇ?」

なんて可愛げのない、学園都市の生徒は皆、攻撃的なのだろうか?
これではネイティブと変わらないではないかッ!!

劉鳳「あ・・いや・・このあたりで非常に変わった能力を使う人とがいると聞いて来たんだが一目見たくてね。
   心当たりはないか?」

昼の女子中学生の件を考えソフトな聞き方をする

一方「はッッ!!俺以外にはしらねぇなァ!?」

214 : ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /21(日) 21:54:49.17 ID:Hssuj9F1O
劉鳳「何!!君ッアルター能力者かッ!?」

劉鳳が驚き、少年の肩に掴みかかると見えない力に弾かれてしまった・・・

一方「はンッ!!気易く触ってンじゃねエよッ!!」

劉鳳「いいだろう、君を保護するッ!絶影ッ!!」

アルター能力が発現する、紫と白の人形の様なアルター
そして有無言わさずに首から伸びた鞭が一方通行へ飛んでいくが、先程と同様に弾かれる

一方「ケッ!!」

劉鳳「なにッ!!」

一方「人形遊びならヨソでやりなァ!!」

少年には全く自分の能力が通用せず間合いを詰められて2、3発もらってしまった・・・・

劉鳳「がはァッッッ!!」

一方「よえぇ・・・」

白髪の少年は劉鳳が膝を付くと興味を無くしたように去ろうとした

劉鳳「待てッ」

一方「なんだぁ?まだ、やンのかぁ?一目見たから良いダろうよぉ」

劉鳳「貴様は俺が本気を出すに値する男だッッ!絶影ッッ!!」


215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /21(日) 21:56:26.61 ID:uYAPGgGbO
上条「さあ、見せてやる!!!!
   これが!これだけが!!俺の自慢の拳だぁぁあ!!!」

上条さんも説教臭くなきゃなぁ………
ナヨナヨした主人公や何考えてるかわかんない主人公が嫌いな俺としては
カズマは大好きな主人公だわ

216 : ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /21(日) 22:04:33.56 ID:Hssuj9F1O
駄目だ・・・・・
禁書を全部読んでないから、とんでも矛盾しそうでおっかねぇ

217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /21(日) 22:05:47.21 ID:fwa7Js28O
目の前にただ困ってる奴がいるからただ助けるだけ
上条さんだって馬鹿みたいにストレートで考えてること丸分かりだろ

218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /21(日) 22:06:53.98 ID:GcPONrro0
きにすんな

219 :以下、名無しにかわりましてVIP がお送りします :2010/02/21(日) 22:07:56.19 ID:ISwTr/Ur0
こまけェこたァいいンだよ!


220 : ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /21(日) 22:32:09.67 ID:Hssuj9F1O
そう叫ぶと、人形の仮面が外れ尾を持った異形の怪物が現れる

一方「ったく・・・先に出せよダりィ・・・」

劉鳳「剛なる右拳!伏龍!!剛なる左拳!臥龍!!」

二本のドライバーが一方通行に襲いかかるが・・・・

一方「・・・・・」

劉鳳「な・・・」

二本のドライバーの先端はは一方通行の手のひらに止められた後、真っ二つに割れてしまった

一方「てめぇ、面白い事してくれんじゃねぇか・・・・」

一方通行の手の平からは薄らと血がにじみ出ていたが放った方は、これ以上の攻撃をしたつもりだった

劉鳳「クソッッッ!!まだだ!!」

一方「ウッセェ!!」

一方通行に顔を平手打ちされた瞬間
劉鳳の動きは止り、意識を失い崩れるように倒れて行った


225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /21(日) 22:56:09.89 ID:/khU7YgB0
頭をパーンしないセロリさん優しいな

231 :以下、名無しにかわりましてVIP がお送りします :2010/02/22(月) 00:44:27.87 ID:imv6WlZk0
劉鳳涙目ってレベルじゃないな

232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /22(月) 00:53:30.49 ID:edydv/vO0
そういや劉鳳って原作じゃほぼ負け知らずなのにな


241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /22(月) 07:46:11.29 ID:HFisaqICO
物理系のアルターじゃ一方さんと相性最悪だよな

242 :以下、名無しにかわりましてVIP がお送りします :2010/02/22(月) 08:16:58.02 ID:zYST8CIG0
あんまり知らんのだけど一方さんに劉鳳を平手打ち出来る体術あったっけ?

243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /22(月) 08:21:05.93 ID:L80oaU2F0
一方さんに相性のいい人って少ないけどな

244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /22(月) 09:00:41.98 ID:l3RIVdjT0
何でサテンさんアルター使いこなせてんだよ、と思ったが、
原作にはアルター使いこなせない奴がボコボコにやられて精神崩壊した奴か子供時代の劉鳳しか居なかった

253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /22(月) 14:50:12.29 ID:l3RIVdjT0
小説を見るに、カズマさん別に成長してる訳じゃないのにみんなやたら最強認定する

…が、無意識に「カズマさん」てさん付けしてる俺も何か心に刻まれてるなw

254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /22(月) 15:20:57.30 ID:l3RIVdjT0

「おいチャラけてんじゃねぇよ君島… …君島?」

ここで号泣。最初「またスカした主人公が俺ツエーしてカタルシスの欠片も無く現実に押し潰されていく欝アニメかよ」
とか思ってた俺はこのアニメを生きてみれて良かったと思ったねと言いつつ保守


257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /22(月) 17:00:55.62 ID:i2/OLoNK0

まだ落とさんよ

258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /22(月) 17:37:51.06 ID:i2/OLoNK0

      \                     /
       \                  /
         \               /
          \            /
            \         /
             \∧∧∧∧/
             <    俺再>
             < 予 しび>
             <    か >
─────────< 感 い >──────────
             <   な >
             <  !!! い >
             /∨∨∨∨\
            /  ∧_∧マタ? \
          /   ( ´_ゝ`)    \
         /    /   \     \
       /     /    / ̄ ̄ ̄ ̄/  \
      /    __(__ニつ/  FMV  /_   \
               \/____/


259 :以下、名無しにかわりましてVIP がお送りします :2010/02/22(月) 17:39:25.62 ID:1xUgqjor0
俺がいるぞ


262 : ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /22(月) 17:52:53.95 ID:UQoTedmkO
ごめん、本当は放置して逃げようと思った・・・
まだ残されてて胸が熱くなったよ


263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /22(月) 17:54:01.91 ID:C2zwQwYDO
支援

264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /22(月) 17:54:46.46 ID:UE717xYL0
支援

265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /22(月) 17:58:42.81 ID:3bnvX3Io0
支援

266 : ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /22(月) 17:59:38.92 ID:UQoTedmkO
支援されたって・・・・
誰か見たいネタ頂戴
どうせ書くの遅いし携帯だしさ、それに合わせて調整しながら完結まで頑張ってみる

267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /22(月) 18:01:44.75 ID:RTqCxT7wO
禁書キャラがロストグラウンドに乗り込んで行く展開希望

268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /22(月) 18:06:34.11 ID:pLqfo6fe0
>>260
まさかの佐天さんがトリーズナー化とかw


269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /22(月) 18:06:51.95 ID:i2/OLoNK0
じゃあ禁書勢が乗り込もうとして海岸沿いでカズマ&劉鳳とガチバトル希望

270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /22(月) 18:07:50.95 ID:pLqfo6fe0

御坂達に自分の能力がばれる

271 : ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /22(月) 18:13:42.29 ID:UQoTedmkO
>>267
禁書キャラって・・・佐天さんの立場が
やって出来なくは無いけど今の状況からだと
学園都市出発に至るまでで書くスピードと携帯から書き込むので
2~3日はかかりそうなんだけど、大丈夫?

>>268
兄貴に吹き込まれれる所を入れれば不可能じゃ無いが
おれがマンガ版スクライドを読んでないという事実が発覚する

>>269
>>267
と同じで時間が掛かってもいいのなら

>>270
これはそのうちそうなる

272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /22(月) 18:14:19.83 ID:UE717xYL0
無常vs佐天さん・カズマ・劉鳳

273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /22(月) 18:16:23.18 ID:RTqCxT7wO
カズマと佐天さんのダブルシェルブリット

274 : ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /22(月) 18:29:52.00 ID:UQoTedmkO
>>272>>273

>>267に同じだよ?


287 :取り合えず劉鳳 ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /22(月) 20:30:00.08 ID:UQoTedmkO
翌日、劉鳳は警備員に保護されていた

劉鳳「何故だ!!何故俺が保護されねばならない!?」

警備「何故って公園の真ん中で伸びてたからなぁ、それに器物破損事件の重要参考人となっている」

劉鳳「なんだと!?」

警備「被害があった真ん中で倒れていたんだ、犯人にしても被害者にしても話を聞かなくてはならない」

劉鳳「さっき話しただろ!!」

黒子「次は私達に話して下さいますわね?」

劉鳳「君は!」

黒子「風紀委員の白井黒子ですの、以後お見知りおきを」

劉鳳「・・・・・・・・・」

黒子「では、昨晩の器物破損事件の質問をさせてもらいますわ貴方が行ったんですか?」

288 : ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /22(月) 20:31:03.17 ID:UQoTedmkO
劉鳳「俺は何も壊してなんかいない!!」

黒子「とぼけないでくださいまし!!貴方が倒れていた周辺の地面や木々が無くなっていたんですよ!?」

この時になって初めて気が付く本土の一般人にアルター能力は浸透しておらず
周囲の物質を再構築する時に周囲の物が消える事が常識ではないのだ

劉鳳「・・・・しらないな」

もし、自分の能力を晒せば面倒なことになりそうだ誤魔化すしかあるまい

黒子「では、何故貴方様は公園の真ん中で伸びていたんですの?」

劉鳳「・・・・・覚えてないな」

自分より年下の少年に喧嘩を売って負けた等と情けなくて言えるはずがない

黒子「そうですか・・・ありがとうございました・・・」

劉鳳「随分とあっさりだな・・・」

黒子「ええ、ご存じないと仰るのならそうなんでしょう?」

289 : ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /22(月) 20:31:49.25 ID:UQoTedmkO
黒子は投げ捨てる様に言い放ち近くで同室していた警備員に

黒子「ありがとうございましたですの、彼の護送よろしくお願いします」

警備「了解した」

劉鳳「なに!!」

黒子「貴方は知らないと仰りますが、今回の事件は非常に不可解な点が多くて危険ですの
   納得いかないかもしれませんが『外』に帰って頂きますわ」

劉鳳「しかし、俺は仕事で!!」

黒子「夜中の公園の、しかもド真ん中で伸びるような方の仕事など今度でも問題無いでしょう?」

投げ捨てるように言われる、ここでアルターを出して逃げることは可能だが
話が大きくなり最悪、本土でのアルター能力者の偏見を強くしかねない

劉鳳「クッ・・・」

黒子「では、御機嫌よう」

その晩、劉鳳はロストグランドへ強制送還された


291 :以下、名無しにかわりましてVIP がお送りします :2010/02/22(月) 20:36:32.51 ID:Ud39AiUp0
劉鳳見せ場ねぇwwwww


293 :以下、名無しにかわりましてVIP がお送りします :2010/02/22(月) 21:04:32.78 ID:Ud39AiUp0

        |  |  | l l::::::::::::::::::::::::::::/i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
        |,. ''´ ̄`ヽ l :::::::::::::::::::::::/ |:::::ハ::::::::::::::::::::::::::/ !::/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
     rヘ/       \::::::::::::::/l/ >|:/ |:iハ:::::i:::::::::/ j/ハ::::/!::::::::::::::::::::::::<
      | ,l   /´⌒ヽ  ヽ ::::::/<でうラ'ヘ`}:ト::∧:l::::/厶イ´.::::∨::|:::::::::::::\ー―一
      | |  / /⌒ヽ   ゙ハ/  `ニ ノ.:::jノ.::::::八/.:::'でうラヽ/.:::|:::::::::::::::::::\
      | | ,'  l    }   |'  〈::::::::::::::::::::::://.:::::::::::::ー一'.:::::::j /!::::::::::\ ̄
      | | {  l  、 ー-ノ l    \::::::::::::::/  {::::/ ̄ ̄\::::::::::/ }:::::::「 ̄  これが俺のアルター…
     |ハ ヽ ヽ ヽ__ イ   |      \:::::/   }::j\    /.::::::/ ∧ハ|
     | ヽ  \ `ー ヽノ   l             ´/ノ.::::::\_/.::::::/イ  }
     |   ヽ  ` 、___ノ l、           {:::::::::::::::::::::::::::∧丿
     |     \      l::::\     , -‐='::、::::::::::::::::::::/
     {     l:::..`ヽ.______,ノ/| ::\     ー‐.:::::::::::::::::::/
       |::.   }::/    l///|  ::::\    `7.::::::::::::.イ\
      }::    }::.     / ∨/l   \:::\  ;::::. .<:::::'///\
      |    ;:   /   ∨′    \:::::: ̄::::::::::::::::'/////⌒ヽ、
      |     ;:  l´    .>x::、    \::::::::::::::::::::{'/////////\


294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /22(月) 21:09:36.13 ID:l3RIVdjT0
>>293
やめろwwwwwwwwww

295 :以下、名無しにかわりましてVIP がお送りします :2010/02/22(月) 21:10:20.36 ID:wyn4du60P
劉鳳追い出されたw

視聴がアニメまでなら一方さんは制限無しか

296 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /22(月) 21:19:46.90 ID:UQoTedmkO
>>295
打ち止めと一緒に出したいんだけど
一方さんの制限分からなくて困ってる

297 :以下、名無しにかわりましてVIP がお送りします :2010/02/22(月) 21:36:54.91 ID:wyn4du60P

アニメ直後なら能力使用に15分の時間制限がついてる
素だと廃人、チョーカー型の電極でミサカネットワークに繋いで
杖つきながら日常生活が送れるが、能力使用モードだと15分で電池切れる

298 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /22(月) 21:44:33.97 ID:UQoTedmkO

>>297
一方さんが能力使用中だと他のシスターズの能力には影響は出ないの?

299 :以下、名無しにかわりましてVIP がお送りします :2010/02/22(月) 21:52:13.64 ID:wyn4du60P
>>298
出ない
あと打ち止めは一方さんの能力制限ができるようになった


300 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /22(月) 22:01:47.87 ID:UQoTedmkO
>>299
OK、ありがとう
書いてみるけど今日中には上がらないかも
落ちちゃったらゴメンナサイ

301 :以下、名無しにかわりましてVIP がお送りします :2010/02/22(月) 22:14:04.66 ID:oCwlieGl0
最終的に「これが反逆だ!」で閉めればOK

303 :以下、名無しにかわりましてVIP がお送りします 2010/02/22(月) 23:56:49.71 ID:K9M3HxHB0
22222222222ぐらいで落ちるなよVIP

304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /23(火) 00:00:49.50 ID:njhp8g8YP
これが強制進化の代償か…

305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /23(火) 00:12:47.47 ID:vEhXeqji0
鯖落ちにも負けず、>1を応援


314 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /23(火) 03:59:12.69 ID:bhQ1Tjj4O
佐天「おっはよ起きてる?」

ビニール袋片手の佐天涙子はノックも無しに鉄のドアを開け自分の部屋の様に中へと入っていく
キッチンには缶コーヒーの空き缶が大量に並べられていた
それを見て呆れつつ奥に入ると、横から行き成り影が飛び出してくる

打止「涙子お姉ちゃんとミサカはミサカは抱きついてみたり」

佐天「おはよ打ち止めちゃん、アイツは?」

打止「あの人ならホラとミサカはミサカは指をさしてみる」

少女の指の方を見ると、ソファの上で毛布の塊がモゾモゾと動いている

佐天「ハァ・・・待っててね今ご飯作るから」

打止「わいとミサカは両手をあげて喜ぶ!!」

315 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /23(火) 04:01:25.66 ID:bhQ1Tjj4O
佐天は当たり前の様に台所へ向かい片づけを始める、空き缶を洗い終わるとビニールに入れて打ち止めに預ける
打ち止めは「これがが自分の仕事!!」と言わんばかりの顔で袋を玄関に持っていく
そして、その音を聞きソファに寝ていた部屋の主がノソノソと起き杖を手元へ寄せ
音がする台所へ目をやり脱力しながら台所の主に声をかける

一方「テメェ、ナニやってやがる・・」

佐天「何って?そんなのが分からないくらいに脳みそやられちゃったの?」

一方「そうじゃね!!なんでテメェが当たり前の様にいンだよ!?」

佐天「あんたさ毎日同じ事言って疲れない?昨日も言ってたのに覚えてない?
   私はね!この娘の為に来てるの!」

数日前に佐天はコンビニから出てくる一方通行と打ち止めを見て、また女の子に危害を加えるつもりかと詰め寄り
その時に絶対能力移行実験とシスターズの存在、実験の中止と一歩通行の現在の状況を打ち止めより説明された
そして聞くに食事は外食やコンビニがメインと言う事を知り打ち止めの成長に良くないと言い頻繁に食事を作りに通うようになっていた


318 :以下、名無しにかわりましてVIP がお送りします :2010/02/23(火) 05:15:43.57 ID:yJaw//3D0
一方×佐天か

323 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /23(火) 11:00:23.76 ID:L7Fe1aJMP
かなみちゃんと打ち止めについて
カズマと一方さんに語ってもらいたい

324 :以下、名無しにかわりましてVIP がお送りします :2010/02/23(火) 11:30:50.72 ID:wZGYh4Gn0
ロリコン同士か

329 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /23(火) 17:09:02.44 ID:uMnfDE2S0
スレ落ちから助けて僕のスーパーピンチクラッシャー!

330 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /23(火) 17:48:29.04 ID:uMnfDE2S0
      \                     /
       \                  /
         \               /
          \            /
            \         /
             \∧∧∧∧/
             <    俺 >
             <リ予 し  >
             <タ   か >
─────────<.| 感 い >──────────
             <ン  な >
             <ズ!!! い >
             /∨∨∨∨\
            /  ∧_∧マタカ \
          /   ( ´_ゝ`)    \
         /    /   \     \
       /     /    / ̄ ̄ ̄ ̄/  \
      /    __(__ニつ/  FMV  /_   \
               \/____/



347 : ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /23(火) 22:25:54.01 ID:bhQ1Tjj4O
一方「勝手しやがれッ」

そう言うとソファに戻りテレビを点けニュース番組に合わせると台所の方をチラチラ見ながらテレビを見ていた

佐天「勝手にするわよ~」

当然、最初から勝手にするつもりだった涙子は一方通行の怒声を流しながら冷蔵庫を開けると
冷蔵庫には学園都市で有名な店のケーキの箱が置いてあった、常に品質重視の限定販売で並んでも買えないことがある代物だった

348 : ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /23(火) 22:31:33.53 ID:bhQ1Tjj4O
いまをときめく女子中学生、佐天涙子はすかさず箱をみつけて興奮して一方通行に駆け寄り

佐天「ねぇ!!あのケーキどうしたのよ!?」

一方通行はテレビから視線を動かさずにボーっとしながら答えた

一方「あン?貰ったンだよ、食いたきゃ勝手に食え」

佐天「ほんとッ!?ありがとうッ!!」

礼を言うと足元に立っていた打ち止めが悪戯な笑みを浮かべて語りはじめた

349 : ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /23(火) 22:34:18.13 ID:bhQ1Tjj4O
打止「ウソウソ、ミサカと一緒に朝早く並んで買いに行ったんだよと、ミサカはミサカは朝早く起こされた事を抗議してみたりッ!!」

一方「テメェ!!黙ッてろって言ったろうがッ!?」

打止「ひゃ~!!と、ミサカはミサカは悲鳴を上げながらお姉ちゃんの後ろに隠れる、
   しかもケースの前で凄く迷ってたんだよッと更に恥ずかしい一面も語ってみたり」

佐天「あんた・・・・」

一方「ちッ、ちげえゾ?コイツが前にテレビ見て騒いでたンだッ
   で、たまたま早く起きたから言ってみたダけだからなッ」

350 : ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /23(火) 22:37:17.39 ID:bhQ1Tjj4O
一方通行は赤面して窓の外に視線を持って行く、特に何があるわけでは無いが
首を曲げたまま戻そうとはしなかった

佐天「そっかぁ~、へぇ~?ありがとねッ」

涙子はそう言うと台所に戻り、作業を再開した先ほどと変わらない
調理の音に混じって鼻歌が流れていた

一方「フ・・・」

空の彼方に首を曲げていた少年が微笑みながらテレビに視線を戻すと
横で少女が少年の顔を眺め大きな目をパチクりとさせていた

打止「にや~、とミサカはミサカは不敵な笑みをしてみる」

一方「テッ、見てンじゃねエッッ!!」


352 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /23(火) 22:41:16.76 ID:MUtlSQir0
セロリでれた!

354 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /23(火) 22:53:28.66 ID:LPbF3mTy0
乙乙
セロリと佐天さんの組み合わせって新鮮だな

357 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /23(火) 23:35:50.26 ID:l+VSCDMJ0
            λ  λ  λ  
          ヾ ゞ、)\)\} \λ 
        ヽ、)\;ヽ、::ヽ、:\::/:ノ 
         )\ゞ:::::/::ヾ::::):://二ヽ
        .ゝゞ/{::/  ζ 、iノ  ヽヽ
   /{    ゞi^ゞ_|/_   _,{|    ||  (シェルブリットを)や ら な い か ?
   「刀    ヽヽゞ_| "゚'`  <0》リ   ノ     
   l l/l     ゞヽ/i   ,__''_  !
`  l l|     /i/ l\ ー .イ|、
.::`、 l、l,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、
ヽ:::`i/  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
.ー、:/    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
__{   ___|└―ー/ .,ニ´ |ヽ |___ノ____________|
  }/ -= ヽ__ 'ヽ , 〈 〇〉,r'゙   l                  |
__f゙// ̄ ̄ _/  __二-'     |_____ ,. -  ̄ \____|
  | |  ̄ ̄ ̄  . /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄ /       \  ̄|
___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   , /     ヽi___.|
 ̄ ̄ ̄    |    _ 二 =〒  ̄  } ̄ /     l |      ! ̄ ̄|
_______l       -ヾ ̄  l/         l|       |___|



362 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /24(水) 00:16:01.22 ID:nfrmWn6y0

まさかのセロデレ


372 : ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /24(水) 02:59:04.48 ID:vb+rRpO+O
上条「お、重たい・・・・」

御坂「文句言わないの!!この間の宿題手伝ったお礼に何でも言えつったのはアンタでしょう?」

上条「なんでもとは言いましたけど文句言わずにとはグフッ」

禁書「当麻!!こんな短髪の言うことなんて聞く必要ないんだよッ、それよりもゴハン食べに行こうよ!!」

日曜日の昼、上条当麻は前回宿題を手伝ってもらった礼として言い使ったのが御坂美琴の買い物の手伝いだった。

373 : ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /24(水) 03:00:39.81 ID:vb+rRpO+O
上条は最初たかが中学生の買い物と思い甘く見ていたが、美琴がお嬢様だった事を失念していたのだった
選ぶ時間が半端なければ、買う量も自分とは比べ物にならなかた
しかし、恩人だしこれくらいでは自分が不幸だとは上条当麻は思わなかったが
問題は暇だと言って一緒について来たインデックスだった
待ち合わせ場所の着いたときの御坂の一言目は「なんで、ソイツが一緒のなよ?」から始まり
売り言葉に買い言葉でインデックスと口喧嘩を始める始末、なんとか落ち着いたと思ったら
次は店に着いたインデックスが「詰まらない」「飽きた」「お腹すいた」等と御坂と言い合いになり
周囲の視線を集める行為を行く先々で行えば同伴者の上条の胃をジワジワと傷つけるのであった

374 : ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /24(水) 03:02:58.56 ID:vb+rRpO+O
御坂「いやでも助かったわよ、部屋着とかはちょいちょい買い足してたんだけど、外用があんまり買いに行く機会無かったから」

上条「そかい・・・」

御坂「そろそろ、お昼にしましょうか」

禁書「えっ?本当に?」

佐天「御坂さん」

そこへ、打ち止めの服を買いに行くとの名目で商業区へ出てきていた佐天達のが声をかけた
男女の割合は一緒だったが上条のように大量の荷物は無く、杖を着いた一方通行はバツが悪そうに道路の方を見ている

376 : ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /24(水) 03:09:01.34 ID:vb+rRpO+O
御坂「あら?佐天さんもお買い物?」

佐天「ええ、この子の服を買いに」

涙子が後ろを見ると、御坂を幼女化した様な女の子が恥ずかしそうに出てきて
上条達にペコリと頭を下げた

打止「はじめまして、お姉様、ミサカは妹達最終番号20001号、打ち止めです・・・と、ミサカはミサカは恐る恐る自己紹介してみたり」

御坂「へ?」


378 :以下、名無しにかわりましてVIP がお送りします :2010/02/24(水) 03:19:26.80 ID:2gOhzkVI0
初春だけ嫌い


395 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /24(水) 14:22:00.75 ID:qDrHVpjC0
おおっと危ない

396 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /24(水) 15:13:59.83 ID:qDrHVpjC0
      \                     /
       \                  /
         \               /
          \            /
            \         /
             \∧∧∧∧/
             <    俺や>
             < 予 し っ>
             <    かぱ>
─────────< 感 いり>──────────
             <   な  >
             < !!! い  >
             /∨∨∨∨\
            /  ∧_∧ナレタ \
          /   ( ´_ゝ`)    \
         /    /   \     \
       /     /    / ̄ ̄ ̄ ̄/  \
      /    __(__ニつ/  FMV  /_   \
               \/____/


401 : ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /24(水) 17:47:06.87 ID:vb+rRpO+O
みんな保守してくれて嬉しいんだけど
落としても構わないんだよ?
このペースで行ったら1000までに終わらない
地獄の底になっちゃうんだよ?

402 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /24(水) 17:57:31.62 ID:5O7IgMCv0
>>401
もうネタがないのか?

406 : ◆eUmFHVk5t6 :2010/02 /24(水) 18:43:37.58 ID:vb+rRpO+O
>>402
ネタはあるよ
取り合えず、前に貰ったネタに向かう様に方向を合わせてるだけだから
他に書いてほしいネタがあったら、言ってくれれば可能なら取り込むよ

407 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /24(水) 19:21:30.55 ID:qDrHVpjC0
これって基礎はアニメスクライドなんだよね?
そうだったら最終的にスクライド最終回の時間軸にあわせてもらいたいなーなんて言ってみたり
無理ならかまいませんので……書いてもらえるだけでも御の字なんで




http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1266579516/ タグ[ とある科学の超電磁砲 ]

【ブログランキングを見る】



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://asdcium.blog129.fc2.com/tb.php/35-0046ef09













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。