FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【ブログランキングを見る】
スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

250G「お前の容量ウンコだな」 20G「え?」

250G「お前の容量ウンコだな」 20G「え?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 14:35:02.65 ID:vSgrG5jz0
20G「で、でも僕、PS2出来るし・・・」

250G「そんな古りぃーの遊ばねーし」

20G「SACDだって再生できるよ!」

250G「はぁ?んなゴミ要らねーよ」

20G「・・・・・・」



2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 14:37:42.01 ID:LEthwOEYP
まぁ正直今なら薄型PS3と薄型PS2買えば済む話だもんな


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 14:38:41.73 ID:vSgrG5jz0
120G「どうしたの?」

20G「あ、120Gのお兄ちゃん・・・あのね」

250G「三日天下の120Gさんすかwwwどうしたんすかwww暇っすかwwwww」

120G「・・・大体事情はわかったよ」

20G「・・・ぐす」

120G「さ、もういいから一緒に帰ろう。送っていくから」

250G「ちょっと待てよ、勝手に帰ってんじゃねーよカス」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 14:42:26.85 ID:vSgrG5jz0
20G「僕はどうして容量が小さいんだろう・・・」

120G「気にする事ないよ、20Gちゃんもすぐに大きくなるから」

20G「いま大きくなりたいよ」

120G「んー・・・20Gちゃんはどうして大きくなりたいの」

20G「だってみんなに馬鹿にされるし・・・体験版だけですぐ一杯になっちゃうし・・・」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2010/02 /20(土) 14:42:40.64 ID:Yj8PvnHM0
250G←ハードディスク
20G←メモリ

どう考えても20Gの圧勝


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 14:46:31.40 ID:vSgrG5jz0
120G「体験版は遊び終わったら消せばいいし、今遊んでいるゲームだけインストールすればいいんだよ?」

20G「めんどくさいって言われた・・・」

120G「誰に?」

20G「ぐす・・・」

120G「お兄さん?」

20G「・・・(コクッ)」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 14:50:37.47 ID:vSgrG5jz0
120G「また60G君か。全く、何度言っても20Gに辛く当たって」

20G「お兄ちゃんはプレミア付いてるんだぞって。箱も説明書もない1/3の僕と一緒にされたくないって・・・」

120G「そんな事ないよ、20Gちゃんだってレア型番なんだから安心して」

120G(そんなに酷いことを言ったのか・・・きつめに言ってやらないと)


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 14:51:39.02 ID:llyHv9fV0
20Gは無線LAN無いから屑


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 14:55:07.22 ID:vSgrG5jz0
250G「オイ」

60G「あ?」

250G「あ?」

60G「チッ・・・」

250G「待てやコラ・・・いま舌打ちしたやろ?」

60G「・・・」
     ニート
250G「初期型風情が調子ノッてんなよ?」

60G(たまに外に出たらこれだよマンドクセ)


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 14:57:59.65 ID:vSgrG5jz0
250G「120Gと20G探してんだよ」

60G「知らない」

250G「あ?」

60G(ホントに知らないんだよボケ)ブツブツ・・・

250G「お前ウゼー」

60G(お前がな)

60G「家に」

250G「あ?」

60G「家に行けばいいだろ」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 15:00:56.74 ID:vSgrG5jz0
250G「めんどくせえ」

250G「呼べ」

60G「あ?」

250G「あ、じゃねーよ。携帯で呼べ。ここ」

60G「何でそんなことしn」

250G「黙って呼べ殺すぞ!」

60G「・・・」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 15:01:28.42 ID:nuBIV2mj0
明らかに60Gより250Gのが格下だろw



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 15:07:28.01 ID:vSgrG5jz0
60G「・・・」

250G「携帯睨んでても掛からねーって知ってますかボクぅ?」

60G「・・・」

250G「支那製だから日本語ワカリマセンカ?」

60G「!?・・っお、俺は・・・こく、国産だ!」

250G「だったら日本語分かれや!ボケ!!」

 ゴッ!

60G「うっツっ・・・」

250G「もういい、携帯よこせ」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 15:11:49.30 ID:OGbxphGcO
薄型とか外部インスコ出来ねーから糞

80GB最強


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 15:12:49.24 ID:dwklYJe20
250より360の方が数字が上だろ
箱○の勝利


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 15:12:50.98 ID:vSgrG5jz0
60G「・・ダ・」

250G「あぁ?」

60G「イイヤダ!」

250G「日本語喋れって言ってんだろ!」

 ゴスッ!

60G「ぶぅっ・・!?」

250G「ギャハハ!テメーはブタか!?」

60G(畜生・・・畜生・・・!)

40G「ちょっと!何やってるのよ!?」

60G「あ・・・」

250G「・・・チッ」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 15:20:02.27 ID:vSgrG5jz0
40G「ひどい・・・あなた何してるか分かってるの!?」

250G「・・・勝手にやってろ」

40G「待ちなさいよ!」
                                    ガキ
250G「調子に乗んなよ・・・オメーが槍田賀田蔵(代議士)の孫じゃなけりゃ犯して沈めてっかんな」

40G「おじいちゃんは関係ないでしょ!」

60G「・・・」

40G「あぁ・・鼻血が・・・とにかくこのハンカチ使って」

250G「じゃあな」

40G「ちょっt」

60G「いい・・いいんだ。別に何でもない」

40G「60G・・・」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 15:28:51.22 ID:vSgrG5jz0
20G「・・・」

120G「・・・」

20G「120Gのおにいちゃんは・・・」

120G「何だい?」

20G「120Gのおにいちゃんは、どうして僕やお兄ちゃんをバカにしないの?」

120G「バカにする理由がないからだよ」

20G「250Gのおにいちゃんは・・・」

120G「彼の言っていることは気にしなくていいんだ、デタラメばかりだからさ」

20G「うん・・・」


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 15:34:22.42 ID:ATM+jobH0
うちの20GBたんにも穴はあるんだよな…

ゴクリ


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 15:38:52.45 ID:y/lyEua5O
>>57
お前のちんこそんなちっさいのか


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 15:39:09.53 ID:Ub6Rp3Lk0
>>57お前はATMにポークビッツ突っ込んでろ


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 15:39:27.64 ID:vSgrG5jz0
20G「でもお兄ちゃんは家族だから」

120G「家族だから?」

20G「お兄ちゃんが僕にいう事は、たぶんホントの事なんだ・・・」

120G「20Gちゃん」

20G「箱と説明書だって、夢中で遊んでたら、どこかに落としてきちゃって・・・」

20G「・・・修理も・・・買取も・・・してもらえない・・・って・・・うぅ・・・」

 ぽんぽん

20G「ふぇ?」

120G「60Gは不器用だから、嘘をつくのが下手なんだよ」

20G「・・・嘘?」

120G「うん」


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 15:45:23.62 ID:vSgrG5jz0
120G「60G君に『嫌い』っていわれた事ある?」

20G「・・・ううん」

120G「『要らない』、っていわれた事は?」

20G「ない・・・と思う」

120G「彼はなんと言うか・・・20Gちゃんの前で言うのもなんだけど、いま特殊な境遇にいるから」

20G「ニートだよね」

120G「ハ、ハハ・・・求職中だよ」
           シゴト
20G「お母さんが『起動しないなら、たまには埃でも拭きなさい!』って怒ってたよ」

120G「えーと、まぁ、とにかくだね」


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 15:52:34.69 ID:vSgrG5jz0
120G「事実は事実として口にしてしまうんだよ。そして、きっとそのあと後悔してる」

20G「どうして?」

120G「20Gちゃんを傷付けてしまったとか、嫌われたかもしれないとか」

20G「何で?嫌いになんかならないよ」

120G「自分の可能性に臆病になっているから。何もかも悪い方向に考えちゃうんだ」

20G「よくわかんない・・・」

120G「つまり、60G君は20Gちゃんが大好きだけど、意地っ張りだから意地悪しちゃうってこと」

20G「んんん~・・・><」

120G「・・・あれ?」

40G「120G君、20Gちゃん!」


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 15:58:33.67 ID:vSgrG5jz0
120G「どうしたの・・・って、どうしたのその怪我!?」

60G「・・・」

20G「お、お兄、お兄ちゃん、ち、ちがいっぱ・・・うえぇぇん・・・」

60G「うざいから泣くな」

120G「・・・250G君か?」

40G「君付けなんかしなくていいわよ、あんな奴」

40G「250Gが二人を探してるって訊いたから心配で探してたの」

60G「・・・」

120G「本当は君にちょっと説教みたいな事しようかと思ってたんだけど」

60G「ヤメロ」

120G「その顔に免じて許してあげようかな」

60G「イミわかんねーよ」


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 16:07:19.08 ID:vSgrG5jz0
250G「(カチッシュボ)フー・・・」

80G「いつまで待つんすか?」

250G「黙って見張ってろ」

80G「・・・へい」

250「チッ・・・めんどくせー。こんな事なら120Gボコってでも拉致ればよかったな」

80G「120Gはヤバイっすよ」

250「あ?」

80G「あ、いや、250Gさんがガチでやって負けるわけねーすけど」

80G「あいつの販売台数、ハンパねーって言うか・・・」

 ガシッギリギリギリ・・・

250G「・・・」

80G「ぐっいや、だから!250Gさんが負けるわけねーって話です!!」

250G「・・・次は殺す」

80G「ゲホッゲホッ・・・へ、へい・・」


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 16:14:29.57 ID:vSgrG5jz0
80G(それにしても、あんなジャリのどこがいいんだろうね)

80G(確かにレアタイプだから連れてりゃハクはつくだろうけど)

80G(今は薄型PS2連れてんだから焦る事もないと思うんだがね)

250G「おい、言われたものは用意してあるんだろうな?」

80G「え!?あ!へい!ここに」

250G「・・・百均のじゃねぇか?」

80G「え?で、でも性能的には問題ないと思いやすが」

250G「ざけんな!ヤマダかヨドバシで買いなおして来い!」

80G「へ、へい!直ぐに!!」


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 16:18:43.64 ID:vSgrG5jz0
40G「たぶん60Gの家の前で待ち伏せされてると思う」

120G「まぁ、そうだろうね」

60G「・・・」

20G「帰れないの?」

60G(たまに外出るとこれだよ)ブツブツ

40G「そこ、モゴモゴしない」

60G「うっせ」

120G「それにしても君が外出するなんt・・・あ、いや、こんな所で会うなんて奇遇だね」

60G「・・・」

40G「気なんか使わなくていいわよ、自業自得なんだから」

60G「・・・」


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 16:24:35.93 ID:vSgrG5jz0
40G「でも本当にどうしたのよ?隣に住んでる私ですら滅多に会えないのに」

60G(勝手に窓から入り込んでくるくせに・・・)ブツブツ

120G「・・・あ」

60G「・・・っ」

 ガサガサ

20G「お兄ちゃん何か隠した」

40G「だめよ20Gちゃん、きっと教育に良くないものよ」

60G「・・・」

40G「きっと妹モノとか、幼馴染モノとか、そんなのだから」

60G「」

20G「?」


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 16:33:28.27 ID:vSgrG5jz0
120G「冗談は程々にして・・・ま、いいんじゃないか?いま渡しちゃっても」

60G「スネーク、あと一ヶ月待て」

40G「は?何でよ」

60G「・・デー・」

40G「ハッキリしなさい」

60G「ホワ、ホワイトデー」

40G「・・・ああー、なるほど」

40G「ありがとう♪」

60G「貰ってねーよ、お前から、チョコ」


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 16:40:01.33 ID:vSgrG5jz0
40G「それにしても何で一ヶ月も前から買ってるのよ」

60G「」

40G「何よ?」

60G「チッ・・・」

 ガシッ!

40G「なんなのよぉー!?」

60G「にっにっにっ!」

40G「に?」

60G「25日までに用意してないと・・・貯金出来ないし・・・我慢できない」

40G「26日に何かあるの?」

60G「」

40G「ねえってば?」

60G「」


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 16:46:41.82 ID:vSgrG5jz0
120G「二人とも落ち着いて。とにかく、それ。20Gちゃんにでしょ?」

20G「ホントっ!?」

60G「・・・」プイ

20G「ちがうの・・・?」

120G「に・じゅう・G・ちゃん・に・だよね?」

60G「チッ・・・日時的に不本意だが・・・やる」

20G「ほ、ほんと?」

60G「チョコ貰ったから当然の事だ大佐」

20G「ありがとう!お兄ちゃん!」

40G「失敗したなー、私も適当に何かあげれば良かった」

60G「うっさい」


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 16:57:55.26 ID:vSgrG5jz0
20G「あ・・・」

120G「ほら、ね?」

 なでなで

20G「うん・・・ぐす」

60G「兄の目の前で触るなよ、気安く。そして泣くな」

40G「んっと・・・?320GのHDD!?」

60G「予算的に500Gは勘弁してくだしい」

120G「この容量とその気持ちで充分だよ、60G君」

60G「お前が返事すんな」

20G「ありがと・・ほんとに嬉しいよ・・大好きお兄ちゃあああんええぇぇん・・・」

60G「・・・///」ボリボリ


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 17:05:07.12 ID:vSgrG5jz0
80G「買ってきやしたぁ!!!」

250G「見せてみろ」

80G「爪折れカバーつきでカテゴリー6の高品質!」

80G「タイトな場所にも適応できる柔軟性!」

80G「色は250Gさん好みのメタリックシルバー!」

80G「そしてお値段は・・・税込み4480円!!」

250G「まぁ、いいだろう。合格だ」

80G「ゼェ・・・ハァ・・・ゼェ・・・ハァ・・・」


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 17:11:50.31 ID:vSgrG5jz0
80G「それにしてもそんな物何に使うんすか?」

250G「知りたいですか80Gさん?」

80G「えいやそのあ」

250G「チッ・・・ボケがいのねぇ野郎だな」

80G「すいやせん」

250G「『ver3.15』って知ってっか?」

80G「いえ・・・俺は随分とネットはご無沙汰那もんで」

250G「キヒヒ・・・ウフフ・・・ハハハハハ・・・!!」

250G「遂に20Gの全てが俺のモンになるんだよ!!」


92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 17:19:29.18 ID:vSgrG5jz0
20G「・・・でも」

120G「20Gちゃん」

20G「僕・・・お兄ちゃんの気持ちだけでも凄く嬉しかったから・・・」

120G「20Gちゃん」

20G「これ、お兄ちゃんが・・・」

120G「20Gちゃん!!」

20G「っ・・・!」

60G「アーアーキコエナーイ」

40G「20Gちゃん・・・」
                                  サイヨウ
20G「だって・・・だって!容量増えたら!お兄ちゃんきっと起動してもらえるから!だから・・・!」

120G「20Gちゃn」

60G「20G、マスターアジア。お前は間違っている」

20G「え・・・?」


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 17:31:38.53 ID:vSgrG5jz0
60G「容量とか、そんなの、関係ないんだよ」

20G「でもお兄ちゃんいつも言ってた!容量が少ないかr」

60G「違うんだよ!そうじゃないんだよ!!」

20G「っ!?」ビクッ

60G「俺も最初はこんなじゃなかったんだよ。神童だ高級家電だチヤホヤされて」

40G「・・・」

60G「その気になって!周りの奴らを『大衆食堂が許されるのは童貞までよねー!』とか笑ってたさ!」

60G「いまじゃその俺が童貞だよ!!笑えねぇだろ!?いや笑えよ!!笑ってくれよ!!!」

120G「・・・」

60G「分かってたんだよ!何でも出来る気になってるだけだって!」

60G「それで怠惰に!無駄に!時間を消費したのは!俺なんだよ!」

60G「俺自身なんだよ!!!」


95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 17:36:04.30 ID:vSgrG5jz0

20G「ふぇぇ・・・」

120G「20Gちゃん、泣かないで。ちゃんと・・・受け止めてあげて」

20G「でもよく分からないよ・・・」

120G「わからなくてもいい。ただ聞いてあげるだけでいい。あれは・・・彼の泣き声なんだ」

20G「お兄ちゃん・・・泣いてるの?」

120G「・・・」

40G「・・・」

60G「そんで・・そんで・・妹に当たって・・・その罪悪感から逃れるために物で解決しようとして・・・」

60G「結果的にイイヒトで収まろうとしてた・・・臭い人間なんだよ・・・俺は・・・うぅ・・」

40G「・・・」

40G「・・・ふっ」

40G「ふざけんじゃないわよ!!」


98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 17:50:55.07 ID:vSgrG5jz0
40G「あんた私にないもの持ってる・・沢山持ってるでしょ!」

60G「・・・」

40G「だから私!いつか本気出して、全力でそのスペック発揮してくれるって・・・」

60G「・・・」

40G「ずっと・・・ずっと待ってた・・・子供の頃、ウォーリーのブルーレイ再生して得意気にしてたアンタの笑顔・・・」

60G「・・・」

40G「あの笑顔をもう一度見たくて・・・ずっと・・・待って・・・押し掛けて・・・けしかけて・・・ずっと・・・待ってた・・・」

60G「・・・」

40G「我慢してた・・・のに・・なんで・・・ヒック・・何で自棄になってるのよ・・・違うでしょ・・グス・・・気付いたんなら・・・そうじゃないでしょ!」

60G「・・・」

40G「あの頃のアンタは幻でも妄想でもないのに・・!勝手に・・!諦めないでよ!勝手に・・・裏切らないでよぉ!・・・ぁぁぁああん・・・!」

60G「・・・」


99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /20(土) 17:51:15.66 ID:meka5981O
お前大容量のウンコだな


101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 18:05:31.46 ID:vSgrG5jz0
120G(さて、どれから手をつけたものか・・・)

120G(というか60G君と40Gさんは放っときゃフラグ立ちそうな気がするから良いとして)

120G(問題は250G氏<40Gの言葉を受けて君付け廃止>か・・・)

120G(正直言うと、60G君の方は本領を発揮すると僕でも手を付けられないから放置しても問題ないんだけど)

120G(20Gちゃんはスペック的に危ういところあるから・・・)

20G「お兄ちゃん、お姉ちゃん、喧嘩しちゃイヤだよぅ・・・」

120G(やっぱり、放っておけないか・・・)


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 18:25:02.10 ID:vSgrG5jz0
250G「何で帰ってこねぇんだ?」

80G「待ち伏せバレてるんじゃないっすかね?」

250G「じゃあ何だ、40Gの家見張れば良いのか?」

80G「そうっすかね?」

250G「隣じゃねーか!ボケ!」

80G「す、すいやせん!」

250G(となると、あとは120Gの家か・・・面倒臭え)


103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 18:34:25.88 ID:vSgrG5jz0
40G「ぐす・・・すん・・・」

60G(ふ、婦女子を泣かせてしまった・・・!)

60G(ちょっと自分の世界に浸ってヒロイックに主張してみたら・・・カウンターで返された!?)

60G(これがメンヘラ?違う?アレ?俺ヤバイ?)

40G「私・・・私ね、あのね・・・ずっと60Gのこと・・・」

60G(まままま待てヤバイこの流れはヤバイこれ刺されるエンドフラグじゃない?ねぇ誰かちょっと)

120G「お取り込み中に申し訳ありませんが、そろそろ場所を変えたほうが良くありませんか?」

60G(ネ申降臨!)

40G(・・・っ、って私なに口走ろうとしてんのよ///!?)

60G「わ、わり。どこ行く?」

120G「まぁ、選択としては、僕の家しかありませんよね」


104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 18:48:21.39 ID:vSgrG5jz0
 トボトボトボ・・・

20G「・・・」

60G(20Gが黙り込んでしまった・・・)

40G(20Gちゃん黙り込んじゃった・・・)

20G「・・・あのね?」

60G・40G「は、はい?」

20G「僕、お兄ちゃんもお姉ちゃんも大好きだから」

60G・40G「はい」

20G「お兄ちゃんとお姉ちゃんが両想いなの知ってるから」

60G・40G「ブッ・・!」

20G「お兄ちゃんもお姉ちゃんもちゃんと仲良くして」

60G・40G「・・・///」
                              ハタライ
20G「お兄ちゃんはお姉ちゃんのために、ちゃんと起動てね

60G「明日から本気出すから勘弁して・・」


108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 18:54:52.00 ID:vSgrG5jz0
120G「出来れば今日から、お願いしたいんですけど」

40G「どうしたの?そんな怖い声・・・。・・・!?」

250G「ハローエロバディー」

20G「・・っ」

60G「・・・」

250G「鼻血は止ったかい、童貞君?」

80G「ぎゃはは、それ、イイす!サイコーっす!」

250G「別におもしろくねーよ」

80G「へい・・・」

60G「・・・」

40G「一体どういうつもり?」

250G「ククク・・・」


109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 18:57:04.41 ID:vdoEq0lY0
でかいうんこのスレかと思った


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 19:05:34.46 ID:vSgrG5jz0
40G「アンタね、ちょっとしつこいよ!」

250G「そう邪険にするなよ。すぐ済む用事だ」

120G「・・・何にせよ、見逃すと思いますか?」

250G「おもわねwwwwwwww」

60G「・・・」

20G「・・・」ブルブルガクガク

60G「・・・」

250G「もうさ、ぶっちゃけどうでもいーんだわ。」
         オマエ         ガキ
250G「相手が120Gでも、代議士の孫でも、どーでもいいんだわ」

250G「お前ら2人が死んでも、こいつが罪被るから」

80G「えぇ!?」

250G「つーわけでさ、もう好き勝手やらせてもらうわ」

120G「見逃さないといいましたよ」

250G「だからさ、どうでもいいって言ったろ」

250G「”昇り龍”の兄貴、お願いしますわ」


113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 19:10:03.66 ID:vSgrG5jz0
 ザッ・・・

昇り龍「・・・」ジロッ

60G「ほ、本職だ!893だ!」

 ツカ、ツカ、ツカ・・・

昇り龍「・・・」ギロッ

60G「えっと、あの。冗談です?」

 ドゴッ

60G「クァwせdrfgtひゅじこlp;:@」

120G「!!」

40G「!?」

20G「お兄ちゃん!?」

250G「さあ陣取り合戦の始まりだぜ!しっかりその小さい本丸護ってみな雑魚どもぉ!!」


114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 19:15:22.99 ID:vSgrG5jz0
120G「60G君!」

250G「待てよ、厄介なお前は俺が相手してやんよ」

120G「どいて下さい!」

250G「イヤですバーカ」

120G「くっ・・・!?」

40G「6・・・」

80G「うひゃひゃ!250Gさん!こいつ俺の好きにしていいんですよね!?」

250G「前でも後ろでも口でも鼻でも好きなところにブッ込んでおkwwwww」

80G「ラジャーwwwwwwwwww」

40G「・・・サイッテー」


20G「え?え??え???」


116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 19:27:12.86 ID:vSgrG5jz0
80G「お前アレだろ?鎗田賀田蔵の孫の」

40G「・・・」
    センセイ
80G「代議士の後光はすげぇよなぁ!蟻ン子すらお前を避けて通るぜ?」

40G「そこを退きなさい」

80G「残念!俺別に後光こわくねーしwwwwお前無茶苦茶にして無茶苦茶にして無茶苦茶にしてええええええええ!」

40G「・・・」

80G「生きてるか死んでるかしんねーけど、そのくらい無茶苦茶にしてえ!運が悪くても数年ネンショーで反省したフリするわwwww」

40G「・・・」

80G「俺は刹那的な存在で上等よぉぉぉぉ!」


119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 19:36:41.27 ID:E4ke+BFsO
さあ、ソニータイマーの発動だ


120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 19:36:55.41 ID:vSgrG5jz0
60G「せ・・・刹那・・・?」

 ザッぶうん!

60G「ぐぶっ!」

昇り龍「・・・」

60G「・・俺の生き方も・・・刹那・・・」

60G(・・・その瞬間が・・楽ならそれでいい・・・刹那の連続・・・)

昇り龍「・・・」

60G(痛ぇ・・・こんな怠惰な俺に・・・何が出来るって言うんだよ・・・!?)

昇り龍「・・・」

60G「?・・・お前・・」

60G「・・・何でそんな辛そうな目してるのに・・・、250Gの言うことなんてきいてるんだ?」

昇り龍「・・・」


122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 19:46:27.91 ID:6LwErUzM0
あれ?250Gって少なくね?


123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 19:47:54.23 ID:vSgrG5jz0
60G(・・・もしかして)

60G「イタイモウウゴケナイー」コテ

昇り龍「・・・」ホッ

60G(やっぱり、この人・・本意じゃないんだ!)

60G(だとしたら弱みか?この手の人の弱みといったらゲーム的に・・・)

昇り龍「・・・」

60G(・・・人質か!)

昇り龍「・・・」

60G(人質って言われても・・・どうしよう?)

昇り龍「・・・」

60G(現状、大人しく寝てる他ないんじゃね?)

昇り龍「・・・」


127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 19:57:07.86 ID:vSgrG5jz0

250G「さぁて、後がつかえてるんだ。ちゃっちゃと行こうぜ」

120G「あなたの都合に付き合う義理はありませんね」

250G「つれないねぇ・・・祝福してくれても良いんじゃないか?」

120G「なにをです・・・と聞いておきましょうか、一応!!」

250G「俺と20Gが一つになる日をだようぅ!!」

 ・・・!

120G「くっ!?」

250G「速い!速いね!だが俺より遅ぇー!」

120G(先の先の・・・先をとられる!?)

120G(ありえない・・!?)

 ドゴォ!!

250G「ラ~イトニングゥ・・・ッ!」


130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 20:09:43.16 ID:vSgrG5jz0
120G(人間の・・・速度の限界を超えている・・・!)

250G「クッククク・・・お前、『ネタバレ』って知ってるかぁ?」

120G「・・っ!」

 シュゴッ

250G「あっぶね~。俺話してるんだけど?ずるくね?」

120G「・・・くっ!」

250G「『ネタバレ』ってのはな、自然の摂理をぶっ壊してもたらされる光速の破壊現象だ」

250G「んな事はそうそうねぇけどな・・・年に数回程度だ」
          ウマ
250G「で、俺の売られた日って奴がよぉ・・・」

250G「そのネタバレ嵐の日だったらしいぜぇ!!」

 ゴグァ!

120G「ウグぁ・・っ!」
   ライトニングエディション
250G「光速の貴公子って呼ぶんだとさ・・・その日に生まれた神の子をなぁ!!」


131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 20:14:26.34 ID:vSgrG5jz0
20G(え?え?何?)

20G(お兄ちゃんが急に叩かれて・・・え?え?)

20G(250Gのおにいちゃんと僕が一つになるって何?え?え?)

20G(120Gのおにいちゃんが叩かれた・・・何で?)

20G(お姉ちゃんなんで喧嘩してるの?・・・もう・・・もぅ・・・)

20G「ぁああああああああん!!!」


60G「・・・っ」


133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 20:25:58.15 ID:vSgrG5jz0

60G「・・寝てるしかない・・・?何だよそれっ!?」

 グググググ・・・

昇り龍「立つな。無駄に怪我をする事はない。」

60G「・・・ケガ?」

60G「ケガって何だ?」

昇り龍「・・・」

60G「傷付くことならもう、嫌ってほど体験したよ」

60G「何度も何度も体験したよ・・!」

昇り龍「・・・」

60G「どうでもいいって思ってたよ!俺が気にしなければ場は穏便に流れるから!」

60G「じゃあ今はどうだよ!穏便にすますか?妹がワケわかんねーアホにストーキングされてんのに?」

60G「ふざけんな!!!」

昇り龍「・・・」

60G「アンタにどんな事情があるかは大体想像付くよ!でもな!そんなもん自分で何とかしろよ!」

60G「俺はアンタをぶっ飛ばして!自分で何とかする!アンタに邪魔はさせない!」


134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 20:27:30.48 ID:Vhc9lhxc0
ここで真島の兄貴が颯爽とトラックで突っ込んできたらいいのに


135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 20:30:54.13 ID:1qPBscLO0
真島で昇り龍が誰かわかった


136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 20:36:20.64 ID:vSgrG5jz0
40G「刹那的な生き方は堪能できてる?」

 ギリギリギリギリ・・・

80G「うううううあああああああああ・・・!」

40G「アンタ放っておくと20Gちゃんにも手を出しそうだから・・・左腕ももらう!」

 ボギッ

80G「ぎゃああああああ・・・!」
       と
40G「両腕折ったっ・・」

80G「いてぇ・・・!いてぇ・・・!」

40G「これで戦意は・・・、っ!?」

80G「いてきもちいいいい!」

40G「!?」

80G「あ、あ、やべ、勃ってきた・・・あ、あ・・」

40G「こ、こいつ・・・へ、変態・・・?」


139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 20:44:43.41 ID:vSgrG5jz0
80G「わわわ、悪いなぁ・・・うへへ・・・痛いけど気持ちいいんだ・・・ひへへ」

40G(目が正気じゃない・・・)

80G「俺さぁ、250Gさんの言うこと聞いてるじゃん?」

80G「くふふ・・・快感なんだよぉ・・・あれ、逝っちゃうんだよぉ・・!」

40G 「・・・」ぞ・・・っ

80G「一瞬でも気を抜くと首の骨を折られかねない上下関係・・・暴力・・・」

80G「刹那的な快楽だと思わないかぁ!?」

40G「思わない!!」

 ドゴギ!

40G(首の骨を折る覚悟の上段回し蹴り!・・・もし死んだら、私も罰を受けるから・・・)

80G「ぐ・・・ぐく・・・」

40G(お願いだから、死んで!!)


140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 20:48:12.62 ID:HQnfMUAY0
えっ俺の80Gとんでもないことになってる


141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 20:53:45.90 ID:vSgrG5jz0
80G「くふ・・くふっくふ・・・」

40G「はぁ・・はぁ・・っ・・・化け物・・」

80G「イマころすキデケッタヨネ?」

40G「・・・っっっ!」

80G「もうガマンデキナイ!!」

40G(嘘ッ・・・折った両腕、なんで動いてるのよ!?)

 ガシッ・・・ドサ!

80G「あああ・・・ガマンデキナイ・・・どこから入れよう・・鼻を裂くか・・・ああノドヲヤブルのもイイナ・・・!!」

40G「くぅっ・・・!」


144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 20:59:51.43 ID:1w/PeAKuO
価値は

60GB>>20GB>>>>>(越えられない壁)>>>>容量順

ってとこ?


146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 21:04:50.38 ID:vSgrG5jz0
昇り龍「お前には」

60G「・・・あ?」

昇り龍「お前には命に代えても護りたいものって物があるか?」

60G「わかんねーよ」

昇り龍「わからない物のに命を懸けるのか?」

60G「戦った結果が命懸けだったってだけだろ・・・いちいちマンドクセーな」

昇り龍「そうか」

 クル・・・スタスタスタ・・・

60G「え・・・?おい?」

昇り龍「お前の覚悟ならアイツらを抑えておけるだろう・・・その隙を突かせてもらう」

60G「えーと、三行で頼む」

昇り龍「俺も自分のやるべき事をやるって事だ」

 ダッ・・・タタタタタ・・・

60G「何か知らんが・・・一行か・・・やるな」


80G「あああ・・・ガマンデキナイ・・・どこから入れよう・・鼻を裂くか・・・ああノドヲヤブルのもイイナ・・・!!」


149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 21:12:43.31 ID:vSgrG5jz0
40G「うううっ・・・!」

80G「チャック、チャックが・・・メンドクサイ、破る、破ってダス出すだす」

40G「うぅ・・あああぁあ・・・!」

80G「出で出、出た!」

40G「・・・っ・・!・・」
                                  い
80G「うふふ・・うううふふ・・!決めた!最初は目に眼に挿入レル!!」


60G「護りたいもの、とりあえずその一」

80G「っふへっ・・・へっ?!」

60G「三角締めは・・・一瞬で落とせるって喧嘩商売が言ってた」

80G「・・・・・・・・」

60G「あと鼻の下の人中は死ぬってターちゃんが言ってた」

 ドゴッ


150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 21:17:49.06 ID:vSgrG5jz0
40G「・・・」

60G「しっかりしろよ」

40G「ふぅぅ・・・」

60G「だから泣くなマンドクサイ」

60G「20Gに付いてやっててくれ。俺は120Gを加勢してくる」

40G「うん・・・」

40G「60G・・・」

60G「ん?」

40G「ありがとう・・・」

60G「おう」

40G(気付いてる?・・・アンタだんだん昔の口調に戻ってきてるんだよ)


154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 21:27:14.90 ID:vSgrG5jz0
120G(速すぎる・・・ちょっと話にならないな・・・)

250G「光速は誇大広告気味だが・・・それでもなかなかなもんだろ?」

250G「お前は何だかんだ言って60Gとつるみやがるから何かと面倒だったが・・・」

120G「ふん・・・やっぱり60G君が怖いんじゃないですか」

250G「何とでもいいな」

250G「だが伝説の昇り龍の兄貴に”協力”してもらったのは大きいぜぇ」

250G「これでお前とタイマンに持ち込めるからなばばぁ!?」

60G「後方奇襲金的からの強制ドラゴンスクリューって素敵じゃね?」

120G「60G君!」

250G「おおぉぉ!?昇り龍、昇り龍の野郎はどうしたぁ!?」

60G「付き合いきれないってさ」

250G「ぐぐぐぐ・・・!おおおおお・・・!!」ビキビキ


158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 21:36:32.86 ID:vSgrG5jz0
20G「・・・・・・・・」ガクガクブルブル

40G「20Gちゃん・・・60Gたちは大丈夫だから・・・ね?」

20G「・・・・・・」ブンブンブン

40G「ここは危ないの・・・お願い・・!」

20G「や・・やぁ・・・」

40G「・・・」

40G「・・・わかった。20Gちゃんは私が護る」

40G「だから一つだけ約束して」

20G「・・・」

40G「もし私が倒れたら・・・絶対にこの場から逃げて」

20G「・・・」

40G「返事をして」

20G「うん・・・わかった」


159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 21:44:30.38 ID:vSgrG5jz0


60G「悪いけど、これで終わらせる」

その言葉とともに絡め取ったままの左足を捻り上げる

250G「舐めんなぁああ!」

発光。人体の発光。そのありえない現象に、締め上げる力を一瞬緩める

250G「クソが!」

60G「グッ・・!」

離れ際に顎を蹴り飛ばされるが視線は切らない

追う

妹の方へ行かせないように、体を捻じ込むように態勢をとる

120G「何だか人間離れしてきましたね」

250G「神の子だって言ってんだろうがカスぅ!」

そう言って取り出したのは・・・メタリックシルバーのLANケーブル!


160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 21:50:58.36 ID:vSgrG5jz0
250G「『ver3.15』って知ってるかぁ・・!?」

半ば正気を失いつつある目でLANケーブルの先端を自身へと突き立てる!

250G「ぐおぉぉああぉぁあああっ・・!」

60G「何やってんだ・・・?」

250G「フー・・・フーーー・・・」

120G「!? 同期か!」

250G「さすが、優等生・・・察しが早いじゃないか」

腰から伸びるLANケーブルを生々しく震わせながら言葉を紡ぐ

250G「こいつで犯して・・・外も内も全て俺色に犯す」


161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /20(土) 21:54:03.80 ID:fLhnfNGQO
なにこれ
ネタ元一切わかんないけど面白い


162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 21:58:48.96 ID:vSgrG5jz0
60G「犯・・・?!」

聞き慣れているはずの言葉。

毎日毎日、PCの前に座って目にしていた言葉。

ヘッドフォンを通して聞いていた、いつもの悲鳴。嗚咽。

60G「犯・・・す?」

無意識に妹の方へ視線を向ける

泣きそうな顔。でも真っ直ぐに見つめてくる瞳。

迷惑をかけ続けた妹。大切な妹。

大好きな妹・・・・を、犯す・・・?

60G「ふざけんs段gpjウェr@おt化wr「p「派wry「phくぁprk「p!!!」

120G「!!ダメだ60G君!」

不用意に飛び掛る60G

250G「俺は・・・ノンケだって食っちまうハードなんだぜ!!」

そのまま回り込むように飛び掛るLANケーブルが、60Gの背中に突き刺さっていた


168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 22:14:05.25 ID:vSgrG5jz0
60G「・・・?!っっっ・・っいっあえつい!!」

20G「お兄ちゃん!!」

弾け飛びそうになる身体を、40Gはぐっと押さえつけた。それは自分の役割じゃない

120G「ああああああああっ!!」

吼える。吼えるが、冷静に、冷徹なもう1人の自分を置く。
                         ・ ・ ・ ・
あの攻撃が『ver3.15』なら、おそらく60Gは持たない

250G「フン」

120Gの攻撃を避けると同時に、ケーブルを引き抜く

60G「ぉきじゅはgd」

 ばたっ

60G「・・・・あgr455」

250G「こいつの欠点は完全実行に時間が掛かることだな。」

250G「でもまぁ、適当にやっても『壊せる』から変わりないんだけどなwww」


171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /20(土) 22:24:32.48 ID:vSgrG5jz0
120G「・・・・・・」

250G「おいおい、意外と冷たいんだな?お友達が糞尿製造機になったんだぜ?」

120G「・・・」

250G「何とか言え、よ!」

ケーブルを飛ばすと同時に一気に距離を詰める

今回のケーブルは囮・・・一気に本体を破壊して決着をつける目論見

120G(ケーブルは囮・・・だけど無視も出来ない)

120G(気を抜くと20Gちゃんの方へ飛ばすかもしれない)

250G「えらく慎重だなぁオイ!!」

250G「そんな臆病な牙じゃ俺には!」

ケーブルの向きを変え、かすかに息のある80Gの首へと絡め

250G「とどかねぇよ!」

投げつける。

 20Gへ


172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/02/20(土) 22:26:26.07 ID:dftnWTwE0
PS3の容量60Gのオレ勝ち組じゃね?


174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /20(土) 22:33:58.76 ID:vSgrG5jz0
120Gの脳裏に走ったのは勝機の歓喜

頭に鳴り響く勝利の予感を告げる快感を必死に振りほどき

20Gに80Gを投げ捨てた250Gへと一気に間合いを詰める

人一台を投げ捨てたのだから、当然体勢を崩している

そして・・20Gの傍には40Gがいる

「勝った」

120Gはそう確信した・・・

120Gへの動揺を誘ったのだろうが全てガン無視!

一気に間合いを詰める

120G「うああああ!」

眼前にまで迫り、彼は目にする

万全の体制で待ち構え、不敵な笑みを浮かべる250Gを

250G「喜んでもらえたかな、夏の虫君」


176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /20(土) 22:40:03.63 ID:vSgrG5jz0
20G「お兄ちゃん・・・お兄ちゃぁん・・・」

ふらふらと、横たわる兄の傍へ歩み寄る

40G「20Gちゃん!」

20G「お兄ちゃん、お兄ちゃん、お兄ちゃん・・・」

必死に身体を抱き寄せて呼びかける

何度も、何度も、何度も

弛緩した60Gの顔を覗き込み、40Gもようやく事の重大さに気付く

40G「ちょっと・・いつまで・・・そんなだらしない顔・・・ねぇ・・ちょっと・・・60G・・・!」

肩を抱き、揺する・・・何度も。何度も。


177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2010/02/20(土) 22:48:53.79 ID:KYMsRLnM0
せっかく大金はたいて買った250Gがなぜか憎い


178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /20(土) 22:49:00.80 ID:vSgrG5jz0
40G「!?」

瞬間、悪寒が走る

もう二度と体験したくない感覚・・・80Gの身体がこちらへ目掛けて飛んでくる

40G(この・・・汚物がぁ!)

弾丸のように飛んでくるソレを蹴りで軌道修正し、あとは知らない。

正直、もう彼が死んでも罰を受ける気はなかったし、彼女の祖父ならそれも可能だった。

40G(・・・これって、アイツみたいに「壊れた」状態・・?)

40G(・・・あっ!)

慌てて60Gの服をめくる

40G(無い!無い!ここじゃない!どこ!?)

20G「お、お姉ちゃん・・?」

40G「60Gってさ、多分しぶといよ!20Gちゃん!」


180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /20(土) 22:56:44.58 ID:2ZklAKK40
よく分からんのだけど,何で60Gが良いの?



182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/20(土) 22:58:44.52 ID:SD3e7wZkP
>>180
初期型PS3


188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /20(土) 23:25:53.90 ID:xuhGSi6PO
>>180店に売ってない 両方できる 容量もちょうどよさげ


184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /20(土) 23:09:47.95 ID:2ZklAKK40
>>182
初期型以降はps2互換無くなってるから?



189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /20(土) 23:33:04.84 ID:PnjREnwQ0
>>184
絶版
USB4つ
肉も焼ける



190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /20(土) 23:37:15.05 ID:xuhGSi6PO
>>189あれ画像でしか見たことなかったんだが本当だったのか


191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /20(土) 23:40:54.86 ID:8uw56Dyt0
肉も焼けるってあれデマだぞw


192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /20(土) 23:44:11.35 ID:vSgrG5jz0
一瞬の記憶が飛ぶ。そして思い出そうとして・・・やっぱり思い出せない

視線の先には半径5メートルはあろうかというクレーター

その中心で、潰れた蛙のようにのびている250G

殴りつけたところからは覚えている。殴りつけ終わった右手で軽く頭を抱えた。

40G「再起動直後だったからね」

優しい口調で語りかけたきたのは40G

40G「本当に・・・どうしようかと、思ったんだから・・・」

徐々に弱々しい涙声になっていく。だがとりあえず無視。

心配なのは20Gと、当面の矢面に立っていた120Gだ。

120G「・・・さすが60G君、バックアップに抜かりは無いね」

60G「まぁ、miniSDにBackUPくらいはな。退避画像とか諸々もあるし」

顔面血だらけの120Gを見て吹きそうになるが、必死に堪える。視点を空に向ける。祖母のオッパイを想像する。

20G「お兄ちゃん!!」

突然視界が反転する。何かが胸に飛び込んできて・・・そのまま倒れた。それは、何というか、懐かしい甘い香りがした。

60G「20G・・・!」


193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /20(土) 23:48:09.55 ID:xI+UGa2C0
祖母のオッパイw

俺の80Gって・・・クズだな


196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /20(土) 23:55:15.28 ID:vSgrG5jz0
よく分からないまどろみの中で、よく分からないまま両腕に力を込める

20G「あっ・・」

胸元から声が聞こえた。

どうやら自分の頬の下に抱きかかえるカタチになってしまったようだ。

その流れの中で、20Gがされるがままに身を預けてくる気配を感じ取った。

・・・その場の全員が。

120G「・・・ほうほう。60G君はそのケがある、と・・・」

40G「・・・ちょっと、60G・・」

60G「え・・あ、いや・・・そのこれは家族愛的なテーマであって文学的に昇華したシナリo」

40G「問答無用だこのシスコンロリコン!!」

 ドゴォ!!

その日一番の揺れを、彼は体感して・・・そして、落ちた。


202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /21(日) 00:07:02.69 ID:fZoZr9ni0
あの一件依頼、60Gは変わった、ように見える。たぶん、そう見える。

とりあえず、「明日やる」、「民主党政権終わったら本気出す」などの口癖は聞いていない。
                  シゴト
地道に、短時間に、コツコツと起動している。

とはいっても、ソフトが全て売り払われた後なので、もっぱら体験版の管理なのだが。

それでも彼には充実感があった。

夕方に起きて夕方まで寝る仕事だった彼からすればそれは目覚しい進歩だった。

同時に「働く」という行動にある使命感が付いて回る。

それがさらに彼を奮い立たせた。

60G「この貧乏マスター、早く何かゲーム買って来いよ・・・!」


204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /21(日) 00:13:35.98 ID:fZoZr9ni0
40Gは頭を抱えていた。とりあえず反芻してみる・・・

40G(私、告白寸前までいったのよね・・・)

40G(告白寸前までフラグが立った隣に住む幼馴染・・・)

あれから数ヶ月

40G(あれぇ?私たち、何でまだ付き合ってないの・・?)

頭を抱える・・・

40G(もしかして20Gちゃんって義妹って設定なのかな・・・?)

40G(でも、そんな話聞いたことが無いし・・・。うん、聞いたことが無い)

40G(聞いたこと無いんだからそんな設定無いよね。はい論破・・・ふふ・・)


211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /21(日) 00:24:25.47 ID:fZoZr9ni0
80Gと250Gは刑務所に入っていた。

本来、未成年であるところの彼らが起こしたのはせいぜい

傷害事件であって、どんなに重くても少年院への送致で済むはずだった。

それを強引に捻じ曲げたのは40Gの祖父、鎗田賀田蔵代議士である。

彼らが起こした事件の大勢は、房内でも知られるところであり

性犯罪者もどきの80Gと、偏向児童愛者として認識された250G、

共に彼らの房生活は悲惨の一途であった。


そして刑期後に彼らは「エスポワール」という領域に足を踏み入れ・・・
                ピカロ
偶然乗り合わせた白髪の悪漢に人生を蹂躙される事となるが、それはまた別のお話。


213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /21(日) 00:32:47.38 ID:fZoZr9ni0

120G「僕はね」

60G「・・・」

120G「僕はね」

60G「はいはい」

120G「僕はね、15年くらいなら待てるかなと思っていたんだ」

60G「長いし。何の話だよ」

120G「20Gちゃんの話だよ」

60G「ブフーッ!」

飲んでいたアップルティーを盛大に吹く60G

60G「ゲホッゲホッ・・」

120G「いや、別にこう・・・児童愛者?的なものじゃなくて、見守りたい、的な・・・」

60G「どっちでも大して変わらんわ!」

120G「んー・・・60G君なら分かってくれると思ったんだが・・・」

60G「わっかんねーし。てか、堂々と俺の妹狙ってる宣言して、その発言って頭おかしいの?」


216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /21(日) 00:41:50.85 ID:fZoZr9ni0
120G「えー、だって君たちもう男女のな」

 ゴスッ!

後頭部を鷲掴みにしてそのまま地面に叩きつける!

120G「かみたいだし、もう僕、ガッカリっていうか」

60G「砂利噛みながら喋り続けるんじゃねぇよ!!」

120G「はぁー・・・やっぱり、義理?」

60G「・・・ま、両親健在で箱説明書無しとかありえねーし」

120G「だよね?はぁー・・・分かっててもへこむんだけどー?」

60G「知らん」


218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /21(日) 00:52:57.66 ID:J/KKgLOQ0
やっぱり俺の60Gちゃん最高だぜ!


219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /21(日) 00:54:43.68 ID:fZoZr9ni0



昇り龍(自分で何とかしろ・・・か)

昇り龍(・・・正論なだけにグゥの音も出ねぇよ)

昇り龍(アイツは・・・250Gに勝つだろう)

昇り龍(しばらく執行の連絡は行かないはずだ)

昇り龍(俺は・・・俺にやれる事をやる・・・)
     チャンス
昇り龍(機会を待つなんて、俺らしくなかったんだ・・・)

昇り龍(俺の邪魔をする奴らは全員・・・容赦しない)

昇り龍(俺は東城会四代目・・・桐生一馬だ!)


221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /21(日) 01:08:01.90 ID:fZoZr9ni0
彼女は風を感じていた。

吹き抜ける風。緑の匂いが混じった風。

何故だか、見たことも無い田舎のような風景がデジャブみたいに思い浮かばれる。

そんな彼女には兄がいた。大切に想う兄がいた。

彼との血の繋がりは無い。しかしそれを彼女は知らない。

それでもなお、彼女は兄と一線を越える選択をした。

20G(たぶん・・・)

20G(僕はあんまり裕福な家庭は持てない)

苦笑する。

今は「一応」は働いているといえるが、長らく彼の無職怠惰生活を目の当たりにしていたのだ。

20G(お父さんとお母さんにも内緒にしなきゃならないから・・・大変だぁ・・ふふ)

そして、まだ膨らんでいない、しかしもう一つの生命を宿す320Gのおなかを優しくなでる。

20G(いつかは・・・許してもらわなきゃね)

・・・が。その日は案外早く来るのである。額をすりおろしながら両親に土下座する兄と

その兄を半殺しにする父。ひたすら泣き続ける母。その修羅場を経験して・・・


223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /21(日) 01:12:45.02 ID:fZoZr9ni0
60G「う、うわ・・・うわぁ・・」

20G「ちょっと、泣かないでw・・・ちゃんと名前呼んであげて、パパ」

60G「おう・・・俺がお前のパパだぞ」


――― 『160G』、生まれてきてくれて、ありがとう







                           E N D


227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2010/02/21(日) 01:16:02.88 ID:zENv+XtIO
ちょっと今この電話に刺さってる40G愛でてくる


234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2010/02/21(日) 01:32:42.12 ID:GGDCC4pz0

俺のは子供だったのか
お子さんが狼の刺青してますよ…


241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/21(日) 01:57:15.62 ID:aqg1o1FMP
次はDSシリーズの話ですね


244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02 /21(日) 03:04:07.05 ID:clq3NS39O
次は箱だろ・・・



http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1266644102/ タグ[ ゲーム機 ]

【ブログランキングを見る】



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://asdcium.blog129.fc2.com/tb.php/3-1f019b5e













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。