FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【ブログランキングを見る】
スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

純「うわぁ……ボサボサだ……」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 15:14:08.01 ID:Ak8OAN6j0
2期5話の後日談的な感じで

実験的に書いたものだからつまんないかも



   ピピピピピピピピピピ

純「ん……」

      ピピピピピピピピピ

純「……」カチッ

純「……」

純「朝か……」







5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 15:17:11.79 ID:Ak8OAN6j0
純「まだ眠い……」

純「……」

純「昨夜憂に借りた漫画遅くまで読みすぎたなぁ……」

純「……」

純「起きよっと」




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 15:19:14.91 ID:Nqa/YKeP0
純はいらない子



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 15:22:47.63 ID:Ak8OAN6j0

------------------------------------------------

――洗面所

純「うわぁ……ボサボサだ……」

純「まあ、いつものことだけど」

純「まだ時間あるし、髪洗おっと」

純「……」ジャー

純「……」ワシャワシャ



12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 15:28:24.54 ID:Ak8OAN6j0
純「……」ワシャワシャ

純「ふう~」

純「……」ゴシゴシ

純「私も梓みたく髪伸ばしてみようかな~」

純「……」ジー

純「変だな……」



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 15:36:13.39 ID:Ak8OAN6j0
純「……」カチッ

純「……」ブオー

純「熱っ!」

純「近づけすぎた……」ブオー

純「……」ブオー

純「……」カチッ

純「ヘアゴムどこ置いたっけ……」ゴソゴソ

純「あったあった」

純「……」ジー

純「でも少し位なら伸ばしてもいいかも♪」

純「♪」キュッ

純「よし、完璧!」



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 15:42:57.22 ID:Ak8OAN6j0

---------------------------------------------------------

――朝食

純「……」モグモグ

純「あ、憂に漫画の続き持ってきてもらお」

純「……」パチパチ

From:鈴木 純
To:平沢 憂
本文:おはよう!
今日あの野球漫画の続き貸して!
   できれば最後までいっきに読みたいな~…なんて;

純「よし、送信っと」パチッ



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 15:51:04.49 ID:Ak8OAN6j0
純「♪」モグモグ

  prrrrrrrr

純「あ、憂からだ」

From:平沢 憂
To:鈴木 純
本文:おはよう、純ちゃん
   持っていけたら全部もっていくね!

純「おお、さすが憂」

純「……」モグモグ

純「ごちそうさま~」

純「そろそろいくか」



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 15:57:29.79 ID:Ak8OAN6j0
-----------------------------------------------

純「いってきま~す」ガチャ

純「……」テクテク

純「あ……」

純「ベース忘れた……」

純「いけないいけない」ソソクサ



25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 16:04:07.46 ID:Ak8OAN6j0

-----------------------------------------------

純「よし、ベースも持ったし」

純「いってきま~す」

純「……」テクテク

純「……」テクテク

純「ん?あれは……」

後輩1「1、2、3、4」

後輩2「1、2、3,4」

純「お~い」

後輩1「あ、純先輩!」



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 16:09:31.57 ID:Ak8OAN6j0

後輩2「おはようございます」

純「おはよう、何してんの?」

後輩1「この前、梓先輩に教えてもらった指のストレッチやってたんです」

後輩2「結構指動くようになりましたよ」

後輩1「1、2、3、4」

後輩2「1、2、3、4」

純「へえ~、すご~い」

純「私もやろ」

純「うぅ~……」



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 16:15:41.57 ID:Ak8OAN6j0
純「ぐっはあ!」

純「またつったぁ~……」

後輩1「純先輩!?」

純「うぅ……」

後輩2「大丈夫ですか!?」

純「うぅ……」

純「牛!」バッ

後輩1「……」

後輩2「……」

純(また滑ったあぁぁ……)

後輩1(なんだ……?今の)

後輩2(この前は豚だったな……)

純「は、早くいこ!」

後輩1「は、はい」



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 16:22:18.20 ID:Ak8OAN6j0
--------------------------------------------------------

――学校

純「おはよ~」ガラ

梓「あ、おはよう」

純「憂は?」

梓「まだみたい」

純「そっか。今日も起きたら髪ボサボサで大変だったよ~」

梓「私も髪長いと解かすのも大変だよ」

純「でもやっぱりいいな~。黒髪ロング」

梓「そうかな~」



32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 16:28:09.76 ID:Ak8OAN6j0

純「梓って家では朝どういう感じなの?」

梓「私すごい寝起き悪いから起きてから布団から出るまですごい時間が
  かかるんだ」

純「ふ~ん」

梓「あと時間があるときはギター弾いたりするかな」

純「へ~、朝からギター弾くんだ」

梓「純は?」

純「起きて、顔洗って、髪整えて、ご飯食べる」

梓「なんか普通」

純「普通って言うなぁ!」

憂「おはよ~」ガラッ

梓「おはよう」

純「おはよ~、本もってきた?」



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 16:33:58.99 ID:Ak8OAN6j0
憂「もってきたよ」スッ

純「どれどれ……おぉ! 全部ある!」

梓「朝会ってすぐそんなだとホントに友達なくすよ……」

純「はいはい。ありがとう! 憂」

憂「どういたしまして♪」

純「そういえば憂って、普段家では朝どんな感じなの?」

憂「いっつも私とお姉ちゃんの朝食とお弁当作ってるよ」

純「朝から大変だね」

憂「もう慣れちゃったよ」



34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 16:38:41.96 ID:Ak8OAN6j0

梓「唯先輩は?」

憂「お姉ちゃんは私が起こさないと起きないよ」

純「なんだ……姉妹でこの違いは……」

梓「唯先輩らしいよ」

純「憂はいっつも朝から爽やかだよね~」

純「私はまだ眠いよ……」

梓「遅くまで起きてたの?」

純「憂に借りた漫画読んでたらおそくなっちゃって」

憂「試験も近いんだしほどほどにね」



36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 16:43:40.69 ID:Ak8OAN6j0
純「うっ……憂に言われるとなんか焦る」

梓「試験近くなると部活出来なくなっちゃうなぁ」

梓「まあ練習しないのはいつもだけど……」

梓「ジャズ研はどんな感じ?」

純「うちは先輩も後輩もみんな気合いはいってるよ」

純「通学中も梓に教えてもらったストレッチやってたし」

憂「へ~、すごーい」

梓「はあ……うちもその位やる気があればなぁ……」

純「まあ、軽音部はそのまったりした感じがいいんだよ」



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 16:49:10.50 ID:Ak8OAN6j0
純「逆に軽音部がやる気満々だったらちょっと変かも」


梓「まあ……それもそうかも」

憂「私もそう思うなぁ」

憂「お姉ちゃん毎日楽しそうだし♪」

純「憂はホントにお姉ちゃんすきだね~」

憂「えへへ」

梓「まあ、どっちがお姉ちゃんだか分かんないけどね……」

純「梓は一人っ子だけど、なんか妹って感じする」

憂「そうだね」



41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 16:53:21.83 ID:Ak8OAN6j0
梓「そうかな……」

純「お姉ちゃん欲しいって思ったことある?」

梓「たま~に思うかも」

梓「でも唯先輩みたいなのだったら大変かも……」

憂「あはは……」

純「私は澪先輩がお姉ちゃんだったらな~」

憂「たしかに姉って感じするね」

梓「そうだね」

純「あのカチューシャの人は?」



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 16:58:12.37 ID:Ak8OAN6j0
梓「律先輩は……退屈はしなさそうだけど唯先輩とはまた違った大変さ
 がありそう」

純「なるほど」

憂「紬さんは?」

梓「ムギ先輩はお姉ちゃんってよりはお母さんって感じかな」

梓「みんなのお世話みたいなことしてる感じが」

純「たしかにあの人はそういう雰囲気あるかも」

憂「でもやっぱり私はお姉ちゃん以外がお姉ちゃんってのは全く想像できない
  なぁ」

梓「まあ、憂はそれでいいと思う」



44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 17:06:04.45 ID:Ak8OAN6j0
純「その信念を貫け!」

憂「うん!」

梓「でもやっぱり私も姉にするとしたら澪先輩だなぁ」

純「澪先輩って軽音部でではどんな感じなの?」

梓「唯先輩や律先輩に結構厳し目に言ってるけど、なんだかんだで一緒に
  お茶飲んだりお菓子食べたりしてまったりしてる」

純「やっぱり」

憂「でも梓ちゃんもだよね♪」

梓「うっ…そうだけど……」



45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 17:11:53.56 ID:Ak8OAN6j0
憂「あはは」

梓「あと、怖い話や痛い話になると以上に騒いだりする」

純「あ~、萌え要素ってやつだね」

梓「え?」

純「なんでもない、なんでもない」

憂「でも一人っ子で寂しい人は動物飼ったりするよね」

憂「純ちゃんは猫飼ってるんだよね?」



47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 17:17:28.44 ID:Ak8OAN6j0
純「そうだよ」

梓「あずにゃん2号……」ボソッ

憂「え?」

梓「あ……」

純「なんてなんんて?」ブフッ

梓「な、なんでもない!」

先生「はーい、席ついて」ガラッ

憂「あ、先生きた」



48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 17:23:06.63 ID:Ak8OAN6j0
--------------------------------------------------------

――1時間目

純「……」ウトウト

梓「純、起きなよ」ツンツン

純「はっ」

梓「試験近いし、授業聞いてたほうがいいよ」

純「眠い……」ウトウト

梓「遅くまで漫画読んでるからだよ」

純「もう限界……」

梓「……」

純「zzz」

梓「もう知らない……」



49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 17:27:39.75 ID:Ak8OAN6j0
---------------------------------------------------

――2時間目 体育

純「んんっ~~~」グー

純「よく寝た~」

梓「テストどうなっても知らないよ」

純「憂、あとでノートみせて!」

憂「いいよ」

梓「ホントに友達なくすよ……」

純「大丈夫、大丈夫」

憂「今日の体育、中と外どっちだろう?」



50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 17:32:40.53 ID:Ak8OAN6j0
梓「今日は中だってよ」

純「はあ……体育面倒臭い」

梓「まあ、運動すれば目も覚めるんじゃない?」

憂「じゃあ、体育館いこっ」

---------------------------------------------------

――体育館

純「げっ……バレーボールかぁ……」

梓「うまくできるかな……」

憂「♪」

純「憂は楽しそう……」



51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 17:38:18.13 ID:Ak8OAN6j0
先生「はーい、チーム作ってー」

純「憂、梓、同じチームにしよー」

梓「そうだね」

憂「早速試合するみたいだよ」

純「まあボチボチいきますか……」

----------------------------------------------------------

――試合

梓「純、ボールいったよ!」

純「あわわわ」アセアセ

純「うぎゃ!」ドスッ

憂「あ、転んだ」

梓「転んだ」



54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 17:44:24.81 ID:Ak8OAN6j0
純「痛った~」

憂「大丈夫?」

梓「ぼけ~としてるからだよ」

純「なに~」

憂「はじまるよ」

梓「こっちレシーブばっかり……」

純「梓、いった!」

梓「よ、よし……」

梓「ほっ!」バチンッ

純「ぶふっ、顔面直撃」

梓「痛った~……」ヒリヒリ



55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 17:48:45.50 ID:Ak8OAN6j0
憂「梓ちゃん、大丈夫?」

梓「大丈夫じゃないかも……」

純「あ、こんどは別の方いった」

梓「あ、憂のほうにトスあがった」

憂「よーし」ピョン



56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 17:51:04.14 ID:Ak8OAN6j0
純「跳んだ!」

憂「えい!」スパーン

梓「ス、スパイク……」

純「しかも速い……」

憂「今の見た!?」

純「憂には敵わないよ……」

梓「ホントだね……」

憂「えへへ」



57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 17:55:33.96 ID:Ak8OAN6j0
----------------------------------------------------

――3時間目

純「zzz」

梓「また寝てる……」

純「zzz」

梓「……」ツンツン

純「zzz」

梓「純」ツンツン

純「zzz」

梓「もういいや……」



58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 18:00:14.07 ID:Ak8OAN6j0
------------------------------------------------------

――4時間目

純「zzz」

梓「ホントよく寝るよ……」

先生「おい、鈴木」

梓「あ、ばれた」

先生「鈴木!」

純「!」ハッ

純「は、はい!」

先生「この問題を解いてみなさい」

純「あ……え……」アセアセ



59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 18:05:31.79 ID:Ak8OAN6j0
純(相加相乗平均って何!?)

先生「今の話を聞いてれば解けるはずだぞ。」

純「は、はい……すみません」

-----------------------------------------------------

――昼休み

純「は~……焦った~」グデ~

梓「寝てばっかりいるからだよ」

憂「あはは」

梓「試験も近いんだし」



60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 18:11:10.31 ID:Ak8OAN6j0
純「試験か~……憂は試験勉強始めた?」

憂「少しづつやってるよ」

純「はあ~……さすが」

梓「私もそろそろ始めないとなぁ」ゴソゴソ

純「梓お弁当?」

梓「うん」

純「私パン買ってくる」

梓「あ、私も行く」

梓「飲み物買いたいし」

憂「じゃあ私も着いていこっと」



61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 18:16:31.43 ID:Ak8OAN6j0
---------------------------------------------------------

――購買

純「ゴールデンチョコパンは……やっぱりないか…」

梓「何食べるの?」

純「ピザパンとチョココロネでいいや」ガサガサ

梓「ピザパンってちょっと高いよね」

憂「そうだね」

純「飲み物買おう」

梓「私はお茶でいいや」ガタン



63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 18:21:18.37 ID:Ak8OAN6j0

純「私はこれ♪」ガタン

憂「何買ったの?」

純「マウンテンデュー」

梓「それ合成着色料使ってるから体に悪いよ」

純「え?」

梓「ほら、この『黄4』ってやつ」

純「大丈夫、大丈夫」

梓「ふうん」

憂「教室戻ろっ」



64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 18:25:25.44 ID:Ak8OAN6j0
-------------------------------------------------------------

――教室

純「憂のお弁当は相変わらずおいしそうだね~」

梓「ホントだ」

憂「そんなことないよ~」

純「お姉ちゃんのも作ってるんでしょ?」

憂「うん」

純「幸せ者だねぇ、憂のお姉ちゃんは」

梓「ホント……もし憂がいなかったら唯先輩はどうなるんだろう」

純「でもなんだかんだ言って、憂もお姉ちゃんいなかったらどうか
  しちゃうんじゃない?」



65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 18:30:34.51 ID:Ak8OAN6j0

梓(たしかに)

純「修学旅行の時だって、私達が泊まりに行かなかったら……」

憂「そ、そんなことないよ」

梓(いや、まずかったな)

純「梓もお弁当だね」

純「自分で作ったりするの?」

梓「たまーに自分で」

梓「ほとんどお母さんだけど」



66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 18:35:34.57 ID:Ak8OAN6j0
純「あー、私も料理上手くなりたいなー」

純「憂、今度料理教えてよ」

憂「うん、いいよ!」

純「じゃあ今度は家に泊まりに来てよ」

純「お料理教室も兼ねて」

憂「いいね!」



67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 18:40:42.86 ID:Ak8OAN6j0
純「梓もくるでしょ?」

梓「うん、行く」

純「あずにゃん2号もいるよ」ブフッ

梓「う、うるさい!」

      ボーン……ボーン

憂「あ、予鈴鳴っちゃった」

純「次の授業何?」

梓「化学」

憂「今日は化学室で実験らしいよ」

純「じゃあそろそろ行かなきゃ」



68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 18:45:52.76 ID:Ak8OAN6j0
-------------------------------------------

――5時間目 化学室

純「なんの実験?」

梓「プリントによると……金属イオンの分離って書いてる」

純「ふーん」

純「憂、わかる?」

憂「え、大体は……」

純「じゃあ大丈夫だね」

梓「なにそれ」

憂「とりあえずプリントに書いてある器具や薬品を用意すればいいみたい
  だよ」



69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 18:51:15.59 ID:Ak8OAN6j0

純「私ビーカー♪」

梓「じゃあ試験管」

憂「私薬品もらってくるね」

純「よし、OK」

梓「こっちも」

憂「もらってきたよ」

純「はやっ」

梓「まずは……」

純「この緑の液体はなに?」

憂「それは色んな金属イオンが混ざってるんだよ」



70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 18:56:04.44 ID:Ak8OAN6j0

純「ふ~ん」

憂「その金属イオンを分離していくんだよ」

純「さすが憂」

梓「まずは希塩酸を加えます」ポタポタ

純「おお!白っぽくなった!」

純「これは大発見ですぞ!博士!」

梓「何そのノリ」

純「もー、ノリ悪いな~」

梓「いやいや……」

純「化学の実験っていったら、薬品混ぜた瞬間にドカーンってなって髪の毛が
  黒こげでボサボサになるのがお約束でしょ」

梓「そんなの漫画やアニメだけだよ」



72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 19:01:27.32 ID:Ak8OAN6j0
純「うわ……つまんない」

憂「でもホントになったらおもしろいね」

純「でしょでしょ!?」

梓「はあ……」

梓「えーと次は……ろ過します」ジャー

純「あ、白いのが紙に残った」

憂「これはAgCl かPbCl2だね」

純「これで終わり?」

梓「まだ始まったばっかだよ」

純「先は長そうだな……」




73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 19:05:54.13 ID:Ak8OAN6j0

--------------------------------------------------

――5時間目終了後

純「あー、やっと終わった」

梓「純ほとんど何もしなかったじゃん」

純「次は何?」

憂「次は自習みたいだよ」

梓「え、なんで?」

憂「教科担当の先生が出張みたい」

純「へ~」



75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 19:10:59.06 ID:Ak8OAN6j0
----------------------------------------------------

――6時間目

純「憂、今の内にさっきのノートみせて」

憂「いいよ」

憂「はい」スッ

純「ありがとう♪」

梓「自分で取りなよ」

純「細かいことは気にしない」カキカキ



76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 19:16:43.42 ID:Ak8OAN6j0

----------------------------------------------------

――放課後

純「授業終わったー」

純「梓は部活いくの?」

梓「うん」

梓「憂は?」

憂「私は試験前の特別講習に出ようかな」

純「んな……私達とはなんかレベルが違う」

梓「達って何」

憂「純ちゃんはジャズ研?」

純「そだね」

憂「そっか、じゃあまたね」



77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 19:21:34.01 ID:Ak8OAN6j0
純「また明日」

梓「じゃあ私も部活いくね」

純「うん、じゃあね」

梓「うん」

純「あ、ちょっと梓」

梓「え、何?」

純「あずにゃん2号」

梓「し、しつこい!」

純「うはっ」



78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 19:25:50.37 ID:Ak8OAN6j0
---------------------------------------------------------

――音楽準備室

梓「こんにちは」

律「お、梓きたか」

紬「今お茶いれるわ」

梓「ありがとうございます」

澪「試験前練習出来なくなるから今日は練習するぞ」

律「わかってるよ」ブー

梓「あれ?唯先輩は?」



80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 19:30:40.78 ID:Ak8OAN6j0
澪「唯は補習だよ」

律「前回のテストが悪かった人は試験前補習なんだと」

律「まったく唯もだらしないよな~」

澪「お前も人の事いえないだろ」

律「なんだとぉ!?」

紬「まあまあ」

律「あ!澪の方に蛾が止まってる!」

澪「え?いやああああああ!」ギャーギャー

律「あははは!嘘だよー」

澪「律ぅ~!」プルプル

紬「あらあら」

梓「……」ズズッ

澪「まったく……」



81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 19:36:31.59 ID:Ak8OAN6j0
-------------------------------------------------------

――ジャズ研

後輩1「1、2、3、4」

後輩2「1、2、3、4」

純「あ、またやってる」

後輩1「はい」

後輩2「でもこれすごいですよ」

後輩1「やり始めてから、ホントに指が動くようになってコード抑え
    やすくなりました」



82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 19:41:00.83 ID:Ak8OAN6j0

純「ふーん」

後輩1「1、2、3、4」

後輩2「1、2、3、4」

純(こうみるとなんかの宗教みたいに見えてきた)

純「私も」

純「過去2回敗北を味わってるから、3度めの正直だ」

純「んん……」ググッ

後輩1「1、2、3、4」

後輩2「1、2、3、4」

純「ぐっはぁ!またつった!」



84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 19:45:28.03 ID:Ak8OAN6j0
後輩1「大丈夫ですか!?(またかよ)」

後輩2「純先輩!?」

純「うぅ~……羊!」バッ

後輩1「……」

後輩2「……」

純(3戦3敗か……消えて無くなりたい)

後輩1(まただ……この感覚)

後輩2(出た。動物シリーズ)

純(なかったことにしよう)

先輩「おーす」

純「あ、こんにちは」



86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 19:51:46.85 ID:Ak8OAN6j0
先輩「あれ?3人だけ?」

純「そうみたいです」

先輩「そっかあ……じゃあ集まりも悪いし今日は自由解散ってことで」

純「はーい」

純(今日は帰ろう)

純(早くこの場を離脱せねば)

後輩1「1、2、3、4」

後輩2「1、2、3、4」



87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 19:56:45.18 ID:Ak8OAN6j0
------------------------------------------------------

――音楽準備室

唯「おいっす」ガチャ

律「お、来たか」

唯「疲れた~」グデ~

紬「おつかれさま」

紬「今お茶いれるわ」

唯「地獄だったよ~」

梓「唯先輩も来たんだし、練習しましょう」



88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 20:00:35.00 ID:Ak8OAN6j0
梓「ゆっくりしてる場合じゃないです」

律「じゃあその手にもったティ―カップと食べかけのケーキは
  なんだ?」ニヤニヤ

梓「こ、これは……」

唯「私もう疲れて練習できない~」

律「今日はこのまままったりしてよう」

唯「賛成~」

澪「全く……」



90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 20:05:40.67 ID:Ak8OAN6j0
--------------------------------------------------

――玄関

純「はあ……」

純「ん?あれは……」

純「おーい!憂ー!」

憂「あ、純ちゃん」

純「今帰り?」

憂「うん、今講習終わったとこ」

純「御苦労なこってす」

憂「純ちゃんは?」



91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 20:11:02.85 ID:Ak8OAN6j0

純「なんか今日は部員の集まりが悪いから解散になったんだ」

憂「そうなんだ」

憂「じゃあ一緒に帰ろう」

純「そうだね」

純「憂はまっすぐ帰る?」

憂「うん」

純「ねえ、またバッティングセンターいかない」

憂「え?」

純「リベンジだよ!」

憂「うん、いいよ」

純「じゃあいこう!」



92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 20:14:41.10 ID:Ak8OAN6j0

--------------------------------------------

――バッティングセンター

純「まずは80キロから」

憂「私は100キロやってみようかな……」

純「えぇ~、100キロは無理でしょ~」

純「ほら、あっちで100キロやってる人いるけど速すぎじゃん」

憂「挑戦してみるだけ」

純「さすがに100キロは憂でも無理だな」

純「よし……お金をいれて」チャリン



93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 20:20:08.11 ID:Ak8OAN6j0
シュバッ!

純「ふん!」スカッ

純「はっ!」スカッ

純「なんの!」スカッ

純「はあ…はあ…」

純「全然当たんない……」

純「……」チラッ

憂「えい!」カキーン

憂「たあ!」カキーン



94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 20:25:34.81 ID:Ak8OAN6j0

純「……」

純「ねえ、憂」

憂「え?」

純「私……もう諦めます」シクシク

純「え?どうして?」

純「お茶しにいこ!お茶!」

憂「え、うん」



95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 20:30:53.24 ID:Ak8OAN6j0
----------------------------------------------------

――喫茶店

純「はあ~……」

純「やっぱり憂には敵わないよ」

憂「そんなことないよ~」

店員「ご注文は?」

純「あ、私アイスコーヒーで」

憂「私も同じのでお願いします」

店員「かしこまりました」



96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 20:34:25.57 ID:Ak8OAN6j0
純「梓は今頃軽音部でおいしい高級なお菓子食べてんだろな~」

憂「そうだね」

純「……」

純「ねえ」

憂「何?」

純「憂は軽音部に入らないの?」

憂「私は……今の生活で精一杯かな」

純「え~、もったいな~い」

純「この前3人で演奏した時だってオルガン弾けたじゃん」

憂「あれは簡単だったからだよ~」



97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 20:37:28.80 ID:Ak8OAN6j0

純「憂ならギターでもなんでもすぐ上手くなると思うのになぁ」

純「なんならジャズ研に入ってもいいんだよ?」

憂「うーん……考えておくね」

純「ぜひぜひ」

憂「でもお姉ちゃん軽音部ですごく楽しそうだからちょっと羨ましいかも」

純「たしかに梓もなんだかんだで軽音部で相当楽しいみたいだし」

憂「なんか割って入れなさそうな雰囲気だね」

純「まあね」



98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 20:39:24.18 ID:Ak8OAN6j0

------------------------------------------------------------------

純「じゃあまた明日」

憂「うん、またね」

純「早く憂にかりた漫画読みたい」

憂「あんまり遅くまで起きてちゃだめだよ?」

純「はーい」




99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 20:41:16.28 ID:Ak8OAN6j0
------------------------------------------------------------

――通学路

梓「明日はちゃんと練習しましょうね!?」

澪「梓の言う通りだ」

律「わーかってるてぇ」

唯「もうくたくた……」

唯「早く憂のご飯食べたい……」

紬「私はこれからバイトなの」

律「へえ、大変だな」

澪「じゃあまた明日」

梓「さようなら」

唯「ばいば~い」

律「じゃあな~」



100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 20:43:41.32 ID:Ak8OAN6j0
----------------------------------------------------

――梓の家

梓「ただいま~」

梓「……誰もいないのか」

梓「……」

梓「ペットか……」

梓「あずにゃん2号」

梓「……」クスッ



101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 21:04:32.18 ID:Ak8OAN6j0

-----------------------------------------------------------

――純の家

純「はあ~、疲れた」

純「よいしょっと」ドスッ

prrrrrrrr

純「あ、メール」

純「梓からだ」

From:中野 梓
To:鈴木 純
本文:あずにゃん2号元気?

純「うお、なんか開き直ってる」

純「……」



103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 21:08:18.84 ID:Ak8OAN6j0
純「写真送ろ」

純「おいで」

あずにゃん2号「にゃ~」

純「動かないでね」

純「……」パシャ

純「よし」

From:鈴木 純
To:中野 梓
添付ファイル1件
本文:元気だよ~

純「よし、送信」

純「お風呂入ってご飯食べたら漫画読も」



104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 21:11:52.60 ID:Ak8OAN6j0
---------------------------------------

純「よし、読もう」

純「……」ペラ

純「ふむ……熱い展開だ」

純「……」

純「……」ペラ




105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 21:13:27.81 ID:Ak8OAN6j0
---------------------------------------

純「……」

純「……」ペラ

純「……」チラッ

純「げっ……もう1時だ」

純「……」

純「いいや」

純「最後まで読んじゃお」



106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 21:15:59.68 ID:Ak8OAN6j0
------------------------------------------

――朝

純「は!」ガバッ

純「……」

純「いつの間にか寝てた」

純「……」

純「今何時?」チラッ

純「は、8時!?」

純「寝坊した!」



                      おわり




113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/15(土) 23:16:10.12 ID:rzGKNJPM0
乙ぱい




http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1273904048/ タグ[ けいおん! ]

【ブログランキングを見る】



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://asdcium.blog129.fc2.com/tb.php/128-e4f8f357













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。