スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【ブログランキングを見る】
スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

のり子「ちょっ小鉄・・!やめぇや・・!そんなん入らんて・・!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/04/15(木) 16:05:33.46 ID:DbNgGcCx0
のりこ「いだだだだだだだ!!!」ニキニキニキ

小鉄「あかかかかかか・・!!」プルプルプル

のりこ「おまっ・・・ええ加減にせぇやぁ!!」バキィッ

小鉄「ペペッ」

のりこ「・・・ったく・・せっかくのウチの初体験やゆーのに・・」

小鉄「いてて・・・そんな怒んなってのりこー」

これは、マイブラザーが14歳になったばかりの時のお話でござる・・・




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/04/15(木) 16:11:33.41 ID:DbNgGcCx0
3日前。

のりこ「なぁ小鉄ー」

小鉄「あぁん?」

のりこ「ウチら・・その・・・付き合ってんねやろ・・?」

小鉄「ん、あー」

のりこ「なのに・・・小鉄って一向に私の体求めようとせえへんやん・・・
    そないにウチの体・・・魅力無いんかな・・・」

小鉄「あー・・・まぁどうでもいいかなー」

のりこ「何やそれぇぇぇ!」ドスッ

小鉄「せくっ!」

のりこ「おい、えぇか?!次の日曜空けとけや!きっちりやってもらうで!!」

小鉄「はぁぁん」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/04/15(木) 16:19:19.34 ID:DbNgGcCx0
その夜。

のりこ「あ、もしもしあかねかー?うん、ごめんごめん、今平気かー?」

   「そやなーえらい久しぶりやんなー・・・でな、うちら・・ウチと小鉄のことなんやけどなー」

   「え?ちゃうちゃう!別にそんなつもりじゃないねんて!ホンマホンマ!」

   「・・そう、そやなー。え?いや、別にそれは今言わんでもええわな」

   「・・でな、あかねに聞きたいことあってんけどな、その・・・あかねて、もう・・・初体験・・した?」

   「うん、えっ?そうなん?!初めての相手フグオなん?!あかっかかかかかかか!!」ニラニラニラ

   「・・・・・・・・・・・・・はい、いえ・・・そんな・・・とんでもないです、はい」

   「ほぇー・・・そいでもうフグオとは終わってんねや・・・流石に中学違うとそんな話よう聞かんからなー・・」



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/04/15(木) 16:20:28.30 ID:oZ+nQPS00
フグオととかwwwwwwwwwwwwwwwwww罰ゲームwwwwwwwww

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/04/15(木) 16:25:05.48 ID:lTMl+2w9O
とりあえずパンツ履いた

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/04/15(木) 16:26:59.20 ID:ny+ZkAdXO
ズボン穿いた



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/04/15(木) 16:33:27.57 ID:DbNgGcCx0
のりこ「で、今は彼氏おんの?おんの!誰や!誰?ええやん言えやー!」

   「うん・・・うんうん・・・・えっ・・・国会議員?・・・そう・・うん、あかねが選んだもんなら、な!」

   「そうかー。お互い苦労が絶えんなー・・・あっうん、わかった。ほなまたなー」ガチャ

のりこ「あかね・・・・・国会議員と付き合っとるんか・・・・」

『えーここで番組を中断して、臨時のニュースをお知らせ致します。先週、千葉県の浦安市で起きた、「連続児童殺傷事件」の続報です。』

のりこ「うわっ、まだ犯人捕まっとらんのかー・・怖いなー」

『えーどうやら、新たに被害者が出た模様です。被害者の男性は小学校教諭、春巻龍さんと見られ、
 犯行の手口などから、同一犯によるものと発表されました。尚、行徳警察署に設置された―』

のりこ「は、春巻・・・・死んだんか・・・・?」



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 16:51:57.81 ID:Op70QCjM0
国会議員かよwwwwwwwwwwwwwwwww



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/04/15(木) 16:41:35.44 ID:DbNgGcCx0
ガンガンガンガン!

「おいのりこー!!今ニュース見たかよー!!」

のりこ「なんやー騒々しい!!見たわボケェ!」

「は、春巻ががががが!オホホホホホホホ!!!」ニクニクニク

のりこ「おっお前!いくらなんでも不謹慎すぎるやろぉ!!」

「アイツ、何回遭難しても死なないクセにこういう時はあっさり死ぬんだなウクックククククク!」ゾルゾルゾル

のりこ「ええ加減にせぇや!人が一人死んでんねんぞ!!」

「・・・なんだよつまんねぇな。あーそうだ。母ちゃんが飯作り過ぎちゃってよ、お前ウチで食ってけよ」

のりこ「ん?あぁーそやな・・・ほんならすぐ行くわ。ちょい待ってな」

「じゃ先食ってるかんなー」ポテポテ

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/04/15(木) 16:48:41.67 ID:DbNgGcCx0
順子「小鉄ーのりこちゃんどうだってー?」

小鉄「あー来るってよ」

順子「そう。良かったわ。たまにはあの子にも栄養のあるもの食べてもらわなきゃね。ご両親、まだ見つかってないんでしょ?」

小鉄「・・・・・・・・・」

のりこ「邪魔するでー」ガラガラ

順子「いらっしゃーい!もうすぐ出来るからちょっと待っててねー!あ、なんなら先にお風呂入っていったら?
   ね?そうしなさい。小鉄、アンタも一緒に入っちゃいなさい」

小鉄「うぉおおい!どうしてのり子と一緒に風呂入んなきゃいけないんだよ!」ルリルリルリ

順子「いいじゃないの今更。それにアンタ達付き合ってるんでしょ?」

のり子「あ・・あの・・・ウチ・・・小鉄が良いって言うんなら・・・別にええで・・・」ドキドキ

小鉄「・・・・・・お・・・・おう・・・」ドキドキ



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/04/15(木) 16:53:24.62 ID:BVqAl8d1O
浦安鉄筋家族1巻のさくらの乳首で抜いたのは
俺だけじゃないはず

 32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/04/15(木) 16:55:25.90 ID:PgJ3RkTqO
  >>30
  あれ…俺がいる

 33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/04/15(木) 16:55:57.12 ID:IYw7eSjL0
  >>30
  よう、俺

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/04/15(木) 16:58:40.80 ID:i7n2dqWg0
     |┃三          /::::::::ハ、\、::::::::\\::::::::::::',
     |┃            i:::::::イ  `> ー─--ミ::::::::::::|
     |┃            {::::::::|    ::\:::/::::  \:::リ-}
 ガラッ. |┃            ',::r、:|  <●>  <●>  !> イ
     |┃  ノ//        |:、`{  `> .::  、      __ノ
     |┃三          |::∧ヘ  /、__r)\   |:::::|
     |┃            |::::::`~', 〈 ,_ィェァ 〉  l::::::》
     |┃            |:::::::::::::'、  `=='´  ,,イ::ノノ从
     |┃三         ノ从、:::::::::`i、,, ... ..,,/ |::::://:从




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/04/15(木) 16:58:46.20 ID:DbNgGcCx0
浴室。

のり子「ぷくく・・・アイツのキャップちんちん見るのも久しぶりや・・・いっちょ馬鹿にしたろかな」ゴシゴシ

小鉄「のり子ー入るぞー」ガララッ

のり子「ちょっ・・・ちょい待って!」ザッパーン

小鉄「・・・・・お前・・・・意外とおっぱい大きいのな」

のり子「み、見たんか?!言うなや!んなこと!」

小鉄「てっきりペッチャンコだと思ってたのによー」

のり子「な・・・なんや、なんでガックリしとんねん」

小鉄「ハァー・・・」

のり子「ちょお待てや!そういうお前はどうやねん!どうせ今もキャップちんち・・・」

小鉄「タオル取んなよもー」

のり子「・・・・えらい・・・大きいですやんか」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/04/15(木) 17:06:03.29 ID:DbNgGcCx0
のり子「・・・・・なぁ」

小鉄「んあぁ?」ゴシゴシ

のり子「言うとくけどな、ウチ・・・・そんなもん入らへんで」ブクブク

小鉄「はぁーん?お前何言ってんだ?入るって何がだよ」

のり子「・・・・べ、別に・・・なんでもあらへん」

小鉄「何だぁー?遂に頭おかしくなったか!ガハハハハ!さて、浸かるかな。おいもっとそっち詰めろ」

のり子「うわわわわわ!ちょ!ちんこぶつけんなや!」

小鉄「・・・・」ペチン

のり子「いだっ!おい腰振んのやめろや!」

小鉄「・・・・・」ペチンペチン

のりお「おいっ!・・・・ええ加減に・・・」

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/04/15(木) 17:12:07.17 ID:DbNgGcCx0
小鉄「・・・・」ペチンペチンペチン!

のり子「・・・・・っ?!おい・・・・」

小鉄「・・・・・・」ペチンペチンペチン!

のり子「おい大きくなっとるやないか!!しかもええ加減痛フゴッ?!」

小鉄「おい!勝手に俺のちんこ食うな!!」

のり子「ふぁれふぁふぉんなほんふうふぁ!(誰がこんなもん食うか!)」ジュボッジュボッ

小鉄「うあわああああ何だこれれれれれ何だあああああ!!」テリテリテリ

のり子「ふぉい!ふぁみのふぇふふぁむにゃやぁ!(おい!髪の毛掴むなや!)」ジュッポジュッポ

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/04/15(木) 17:20:53.01 ID:DbNgGcCx0
小鉄「すっすげええええええええええ!何だこれえええええええ気ん持ち良いいいいいいい!!」

のり子「んくっんくっんごっ?!ふぉげえええ!!ゲホッゲホッ」

小鉄「何だよ止めんなよー今凄かったのに」

のり子「アホか苦しいんじゃボケぇ!!」

小鉄「うわああああああああ俺のちんこが、俺のちんこが何かでけえええええ!!」

のり子「・・・何って、ただの勃起やろが。お前はウチに欲情したんや!」

小鉄「ぼ、ぼきー?!何だそれ!教えろのり子!」

のり子「な、何でウチが・・・ってゆーかお前そんなもんも知らんかったんかぁ?!」

小鉄「知るかよ、んなもん。さ、いいから続きやろうぜ」

のり子「いやや。そんなもん咥え込んだらウチの喉が破けてまうやろが」

小鉄「そ、そんなー!」ルイルイルイルイ

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/04/15(木) 17:28:29.63 ID:DbNgGcCx0
順子「小鉄ー!ご飯出来たわよー!そろそろ上がりなさーい」

小鉄「くっ・・・のり子!次の日曜まで待てねぇ!今日だ!今日やんぞ!」

のり子「さぁー・・・それはどうでっしゃろなぁ(小鉄がウチを求めとる・・・!感激や・・・!)」


夕食後。

順子「あらいけない。今日仁ちゃんに頼まれてたもの忘れてた。ちょっと小鉄、今から仁ちゃんの家まで行ってくれない?」

小鉄「はぁーん?!何で俺が行かなきゃいけねぇんだよ!」

順子「いいじゃないの近いんだし。ほら、のりちゃんにはその間お布団敷いてもらおうかな。」

のり子「えっ」

順子「アンタ達二人で寝たいでしょ?ほら小鉄早く行きなさい」

小鉄「おう、行ってくるぜ・・・」

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/04/15(木) 17:35:35.42 ID:DbNgGcCx0
土井津家前。

小鉄「仁ー。いるかー?母ちゃんから届け物だぞー」

仁ママ「あらー小鉄っちゃんいらっしゃーい」

小鉄「ほい。うちの母ちゃんから届け物な。じゃ、仁によろしくー」

仁ママ「ちょっとせっかくだから上がっていきなさいよ、ほら、上がって上がって」

小鉄「え?いいよー早く家帰りたいしよー」

仁ママ「上がれぇぇぇぇぇぇぇ!!!」ドスッ

小鉄「にちっ!!」

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/04/15(木) 17:41:52.92 ID:DbNgGcCx0
小鉄「・・・・・・ん・・・・んあぁ・・・・?」

仁ママ「んふっ・・・・・ジュボッジュボッ・・・・小鉄っちゃん起きたぁ?」ジュプッジュプッ

小鉄「おっおいいいいい?!何だぁああ?!何やってんだああああ!」

仁ママ「小鉄っちゃんの・・・・おいしいわぁ・・・・ジュプルルル!」

小鉄「やっやめろおおおお!ハァハァ」

仁ママ「うふふ・・・小鉄っちゃんは気付いてなかったかもしれないけど・・・
    私ずっと小鉄っちゃんのこと、女として見ていたのよ・・・・」シコシコ

小鉄「おい・・・仁ママ・・・・やめろ、やめろよおおおおお!!」プルプル

仁ママ「あーらぁ?そんなこと言う割にはこっちはガチガチよ?小鉄っちゃぁンプッジュルッ」

小鉄「ちっくしょおおおおお気持ち良いなああああ」ビクビクビク



61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/04/15(木) 17:44:10.62 ID:1/SpKbD80
さすがの俺も仁ママは無理だわ



63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/04/15(木) 17:50:36.59 ID:DbNgGcCx0
仁ママ「あら、まだイっちゃ駄目よ?小鉄っちゃんはこれから私と子作りをするんだから」

小鉄「こ、こづくりー?何だそれ、何をするつもりだあ?」

仁ママ「ウフフフ、その様子じゃ初めてのようね。じゃっ、頂きまぁす♪」ヌップシ

小鉄「ンヒィッ!!」

仁ママ「オホホホホホ!!コレよコレコレ!!この大きさ!」ヌッコヌッコ

小鉄「畜生!体が言う事を聞かねぇぜええええ!」

仁ママ「ほらほら!良く見てみなさいな!小鉄ちゃんの肉と私の肉が引っ付いて離れないでしょ!気持ち良いでしょう?!」ヌッコヌッコヌッコ

小鉄「ウッウァァ・・・!何だ?!何かがくるぞおおおおおおお!!!」ヒクヒクヒク

仁ママ「いいのよおそのまま出しなさぁぁぁぁぁい!!!」ビュクン・・・ビュクンビュクン!



64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/04/15(木) 17:51:53.19 ID:pgSpuZF70
吐いた

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/04/15(木) 17:51:55.13 ID:ncBYrTTQO
マジキチ

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/04/15(木) 17:52:17.17 ID:EFuh909g0

地獄だ・・・

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/04/15(木) 17:53:08.85 ID:hDgdsODw0

仁のかあちゃんとか誰得だよ…

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/04/15(木) 17:53:30.09 ID:H4RSXLAuO
俺を殺してくれ・・・

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/04/15(木) 17:53:34.09 ID:LtOR7A9KO
きめぇ

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/04/15(木) 17:57:45.81 ID:5zVbfy7xP
普通に小鉄とのり子の甘酸っぱいロマンスが見たかったのに・・・



74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/04/15(木) 17:58:25.54 ID:DbNgGcCx0
仁ママ「・・・・・ふぅ。おい、いつまでいるんだ、早く帰れ」

小鉄「・・・・・・・・・・たまらんしゃまらん・・・・子作りって凄ぇぇぇ・・・」




順子「あら、遅かったじゃない。のりちゃんはもう二階に上がってるわよ」

小鉄「・・・・・・ブツブツブツ」

のり子「お、遅かったやん・・・それにしても小鉄も自分の部屋貰うてんねやなー、随分綺麗にしてるやんか」

小鉄「・・・・・・ブツブツブツ」

のり子「・・・・小鉄?どないしたん・・・?」

小鉄「・・・・子作り凄ぇ・・・小作り凄ぇ・・・」

のり子「こっ?!小作り?おいどないしたんや!小鉄!」

小鉄「小作りぃぃいいいいい!!」ガバッ

のり子「ひぃぃいぃ!」

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/04/15(木) 18:15:01.57 ID:DbNgGcCx0
小鉄「のり子ぉぉぉおおおお!!」チュッチュッチュッチュ

のり子「うわっ!ひゃんっ・・・・んあっ・・・ちょっ、そこアカン、耳アカンて・・・」

小鉄「のり子と子作り・・・のり子と子作り・・・ハァハァ」

のり子「がっつき過ぎやー自分ー・・・・んまに・・・・ちゅっ」

小鉄「のり子ー・・・のり子のおっぱい・・・」レロレロレロ

のり子「はぁんっ・・・そないにあせらんでもおっぱいは逃げへ・・・んっ・・・」

小鉄「よしのり子、子作り始めるぞ」ズッ

のり子「ちょっ小鉄・・・!やめぇや・・・!そんなんいきなり入らんて・・!」

小鉄「ぎぎぎぎ・・・入れ入れ!」

のり子「いだだだだだだだだ!!ちょ、ホンマに無理や!アカン、痛すぎる」

小鉄「あかかかかかかか・・・・!!」プルプルプル

のり子「いだぁああ・・・ええ加減に・・・せぇっ!」ドュルン

小鉄「は、入った・・・・入ったぞおおおお!!」ズコズコズコ

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/04/15(木) 18:21:31.00 ID:DbNgGcCx0
のり子「あががががががが!!死ぬ・・・・死ぬる・・・・ちょっ」

小鉄「うぉおおおおおおおおお!!!」ユッサユッサユッサ

のり子「ぐわああああああ!し、子宮が・・・子宮ズンズンすなや・・・・!壊れるて・・!」

小鉄「なんなんなんなん!!」ジュッポジュッポジュッポ

のり子「ぬわああああああまだかー?!まだなんかぁー?!」

小鉄「うぇいす!うぇいす!うぇいす!」ユサユサユサユサ

のり子「ちょ・・・タンマ!ストップストップ!」

小鉄「はぁーん?」

のり子「ウチが上にさしてくれ!かなわんわ、死んでまう」

小鉄「お前が上に?じゃーそれでいいや、ほらよ」

のり子「よ、よし、いくで・・・・」ソロ~・・

小鉄「そらそらそらそら!!」

のり子「痛だだだだだだだ!!ちょっお前動くなや!」

小鉄「お前・・・・・泣いてんのか?」

のり子「泣いてへんわ!!」

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/04/15(木) 18:28:04.02 ID:DbNgGcCx0

のり子「・・・・ど・・・どや・・?」ユサ・・・ユサ・・・ユサ・・・

小鉄「・・・・・・」ホケェー

のり子「・・・くっ・・・・これならどや!」ユサユサ・・・ユサユサ・・・

小鉄「・・・・・・」ホケェー

のり子「・・・・・おんのれぇ・・・えぇい!いてまえぇ!!」ズッチャズッチャズッチャズッチャ

小鉄「クハクハクッハァー!!!」ビクビクビク

のり子「はぁっ、はぁっ!どや!気持ちええやろ!西川のり子様のおまんこ気持ちええやろがぁ!!」ノンチャンノンチャンノンチャン

小鉄「おうおうおうおうおう!!」ニラニラニラニラ

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/04/15(木) 18:38:22.88 ID:DbNgGcCx0
のり子「痛っ!!ちょっ後ろからなんて嫌や!小鉄の顔見てたいんや!」

小鉄「あぁぁぁぁん!んっ!んっ!んっ!」パンパンパンパン

のり子「ヒッ!ギッ!痛っ!ちょっ!髪!掴む!なや!」

小鉄「うぉぉおおお!来るぜぇ!来るぜぇぇぇ!!」パンパンパンパン

のり子「アカン!中に出したらアカン!外に!外やぞ!ええか?!外に出さなアカンぞ!」

小鉄「ぷるるるるるっしゅわー!!」ドクッ・・・ドクッドク!

のり子「あぁぁ~・・・めっちゃ中に出てるやん・・・ズキズキしてようわからんけど・・・」

小鉄「・・・・・・ふぅ」

のり子「ふぅやあらへん。小鉄、ずっと一緒におってな」

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/04/15(木) 18:55:01.19 ID:DbNgGcCx0
―――という次第でござる。
ここの皆さんなら拙者の気持ちを理解してくれると思い書き込んだのでござるが、
どうでした
兄である自分を差し置いて女子と恋仲になろうなどとふ抜けた弟とその相手には先日罰を与えたのでござる。
悔しいだけかもしれないが、それでも気が済まないのでござる。
誰でもいいっ!!拙者はセクロスのお相手をして欲しいのでござる。
もっこりした拙者の相手をして欲しいのでござる!!



101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 18:57:25.83 ID:kSGHhoep0
晴男乙



http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1271315133/ タグ[ 浦安鉄筋家族 ]

【ブログランキングを見る】



No.48 : :2012/08/29 15:25

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://asdcium.blog129.fc2.com/tb.php/100-ab7bf3d7













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。